FGF1の脳室内注入は糖尿病マウスの血糖値を長期的に改善させる。

 FGF1の脳室内1回投与は、ob/ob マウスの血糖値を7週間後に200mg/dl未満に改善させ、17週間効果が続いた。
糖尿病寛解と判断し18週間後に試験終了。他の糖尿病モデル動物でもFGF1脳室内投与により糖尿病が寛解した。

FGF1を脳室内投与したマウスの血中乳酸値は増加しており、肝臓で解糖系は亢進している。肝臓のグリコーゲン含量は増加している。
血糖値の改善には、肝臓のほか、骨格筋の糖取り込み上昇によるグルコースクリアランス増加が関与している。

Tanycyte は、神経幹細胞と考えられ、mediobasal hypothalamus に隣接して存在する。
FGF1は、Tanycyte を介して糖尿病状態の神経回路を補充することにより、一回の脳室内投与で糖尿病を寛解させた。

Scarlett JM et al. Central injection of fibroblast growth factor 1 induces sustained remission of diabetic hyperglycemia in rodents. Nat Med. 2016 May 23. doi: 10.1038/nm.4101.

Seeley RJ, Sandoval DA. Targeting the brain as a cure for type 2 diabetes Nat Med. 2016 Jul 7;22(7):709-11. doi: 10.1038/nm.4137.


プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
10位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム