メトフォルミンと多嚢胞性卵巣症候群 (Polycystic ovarian syndrome, PCOS) 2

多嚢胞性卵巣症候群 (Polycystic ovarian syndrome, PCOS) では、高インスリン血症がいくつかの経路で高アンドロゲン血症を誘発する。
'Hyperinsulinemia contributes to hyperandrogenemia in several ways.'

メトフォルミンは高インスリン血症を改善し、血中テストステロン値を20-25%低下させる。PCOSの多毛症 hirsutism を改善させない。

メトフォルミンは、排卵機能を改善させるかもしれない。ランダマイズドプラセボコントロールのメタアナリシスで、メトフォルミンは妊娠率を上げるが、live birth rateは上げない。
メトフォルミンは無排卵性不妊 anovulatory infertility のファーストライン薬ではない。
メトフォルミンは、耐糖能異常、2型糖尿病のあるPCOSでライフスタイル介入に十分反応しない症例に用いる。
経口避妊薬は、gonadotropin 分泌を抑制する。

PCOSでは、糖負荷試験を1から5年に1回チェックする。

McCartney CR, Marshall JC. CLINICAL PRACTICE. Polycystic Ovary Syndrome.N Engl J Med. 2016 Jul 7;375(1):54-64.

メトフォルミンと多襄性卵巣症候群(PCOS)1

1) は、2008年の論文で、この年は妊娠糖尿病に対するインスリンとメトフォルミンの比較の論文も出ています。
1) にでてきますが、メトフォルミンは、カテゴリーBで動物では催奇形性が認められないので、多襄性卵巣症候群(PCOS)をメトフォルミンで治療して、メトフォルミン服用中に妊娠することは催奇形性の点では問題ないようです。

メトフォルミンは2000mg/日を推奨していて、500 mg夕食一回、朝500-夕500、朝500-夕1000、と増量し、2回の分割投与でいいということで、今後の参考になりました。
 また高インスリン血症と、アンドロゲンの関係がわかり、インスリン受容体異常症で、PCOや多毛症が出る理由もよく理解できたのでした。

PCOSとメトフォルミンのまとめ
PCOSでは、インスリン抵抗性と、高インスリン血症があり、PCO になりやすい患者の卵巣では、インスリンにより、アンドロゲン(テストステロン)が産生され,アンドロゲンは排卵を阻害。インスリンは下垂体に働いて、FSHを下げ、LHを増やし、排卵抑制、PCOの病態を引き起こす。
血中のインスリンを下げることが治療となりメトフォルミンンが使われる。メトフォルミンは排卵を促進し、生理周期を改善し、血中のアンドロゲンレベルを下げ、多毛症を改善する。妊娠希望の場合はクロミフェンによる排卵誘発。妊娠にこだわらない場合は、estrogen-progestin contraceptive で、アンドロゲン過剰を抑える。estrogen-progestin contraceptiveが、インスリン抵抗性を改善するかは controversial。
PCOでメトフォルミンが心血管イベントを抑制するということは示されていないが、2型糖尿病に対する結果から、インスリン抵抗性、高インスリン血症に伴う心血管イベントの予防のため、メトフォルミン服用が推奨される。PCOでは、体重にかかわらず耐糖能を2年ごとにチェックする。メトフォルミン服用中でもOGTTを2-3年ごとに行う。
  医師ブログ20100214ステロイド経路
1)
Metformin for the Treatmentof the Polycystic Ovary Syndrome. N Engl J Med 2008; 358: 47-54.

2)
Efficacy of metformin in type II diabetes: results of a double-blind, placebo-controlled, dose-response trial. Am J Med 1997 ;103:491-7.

医師ブログ20100214   開業した友人のクリニックへ遊びにいってきました。

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム