クロピドグレルと喫煙

クロピドグレルは、非喫煙者で、アスピリンに比べたbenefit をあまり示せていないという記事です。
まとめ
クロピドグレルは喫煙者では、アスピリンに比べて、primary outcome 抑制効果がみとめられている。
喫煙はP450(CYP)IA2の活性を誘導する。P450(CYP)IA2はクロピドグレルのmetabolic activation に関係する。

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

脳梗塞二次予防

NEJM誌の脳梗塞二次予防のレビューを読んでみました。
脳梗塞二次予防のLDLコレステロールの目標値は100㎎/mgが一般的ですが、2011年アメリカのガイドラインではエビデンスは若干弱いながらも、LDLコレステロール 70 mg/dl をNew recommendationとして追加しています。

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

ニュージーランドにおけるdabigatran の出血イベント、特に高齢者に多い

ニュージーランドでもdabigatran が発売となり、高齢者に出血イベントが多いという報告でした。

まとめ
ニュージーランドでは7月1日にdabigatranが発売となり、最初の2ヶ月で、7000人がdabigatranを開始した。出血のエピソード78、major bleeding 12が明らかになっている。

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

Dabigatran の講演会(2011年10月)

ダビガトランの講演会に行ってきました。死亡例報告があり、腎機能を評価しつつ投与することを強くすすめています。aPTTは出血リスク評価に使える。
性別、年齢、血中クレアチニン値で計算できるeGFRと換算係数を使って算出したCCrで腎機能を評価することは推奨できないということでした。

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

新規抗凝固薬(Dabigatran, Apixaban, Rivaroxaban)のまとめ。

新規抗凝固薬のレビューです。Xa阻害薬は2種類あり、Rivaroxabanは1日1回の服用でよい。さらにXa阻害薬、Edoxaban も治験中 (ENGAGE AF-TIMI 48)。

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

ダビガトランの容量に関するFDAの見解

ダビガトランはアメリカで150 mg twice daily の1容量のみが認可された。
NEJM online first に、FDAがダビガトランの高容量のみ認可した理由が書かれています。

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

ダビガトラン(プラザキサ)は3月14日発売

私はダビガトランが発売延期になったものと思い込んでいました。地震があった週の前半に講演会があり、そのとき、週明けの14日月曜日に発売予定と聞いていました。
3月11日に震災があり、14日は計画停電初日で、電車が止まり首都圏は大混乱。MRさんも訪問困難な状況だし、日経メディカルなどの記事でも眼にせず。
今日、地震後初めて、MRさんに会い、ダビガトランが予定通り、14日に発売になっていることを知りました。地震のため宣伝自粛していたとのこと。日経メディカルを見直すと16日付けで記事が出ていました。

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

CHDS2スコア、 CHA2DS2-VASc Score、ダビガトランのドラックインフォメーション

まとめ (2017/2/2)
心房細動で、脳塞栓のリスク評価は、2001年のJAMA、CHADS2、CHA2DS2-VASc Scoreなどがつかわれていて、欧州心臓病学会はより新しい、CHA2DS2-VASc Scoreを推奨している。
 
CHADS2
Congestive heart failure                                      1
Hypertension                                                   1
Age >75                                                         1
Diabetes                                                          1
Stroke                                                              2
 
CHA2DS2-VASc Score
Congestive heart failure/LV dysfunction               1
Hypertension                                                    1
Age≥75                                                           2
Diabetes mellitus                                               1
Stroke/TIA/TE                                                   2
Vascular disease [prior myocardial infarction, peripheral artery disease, or aortic plaque]   1
Age 65-74                                                       1
Sex category [ie Female gender]                         1
 “This refined (2009) Birmingham schema was also tested with a point-based scoring system, the CHA2DS2-VASc score (see Table 2 for definition), whereby scores of 0 = low, 1 = intermediate, and ≥ 2 = high risk.”
 
ワルファリンの外来での開始について、維持量で開始するのがトレンド
今日の治療薬には急速飽和が載っているが、ワルファリンパラドックスといわれ、急速飽和すると、protein kinase C などを抑制し、凝固亢進がおこる。
 
ダビガトランについて
カプセル自体に吸収促進する工夫がしてあるので脱カプセル不可、
プロトンポンプインヒビターとの併用はたぶん問題ない。
H2 blocker は?(ダビガトランカプセルには酒石酸が入っているが。。。)
 
P-glycoproteinは、腸管上皮などにある薬剤のくみ出しタンパクで、p-glycoprotein 阻害剤は、ダビガトランの血中濃度を上げる。(イトラコナゾールは禁忌、クラリスロマイシンは併用注意) ワソランの服用時は、服用順に注意。メーカーでマニュアルを準備していた。

Idarucizumab はダビガトランdabigatran の拮抗薬

CHADS2
Gage BF et al. Validation of clinical classification schemes for predicting stroke: results from the National Registry of Atrial Fibrillation. JAMA. 2001 Jun 13;285(22):2864-70.

CHA2DS2-VASc Score
Lip GY et al. Refining clinical risk stratification for predicting stroke and thromboembolism in atrial fibrillation using a novel risk factor-based approach: the euro heart survey on atrial fibrillation. Chest. 2010 Feb;137(2):263-72. 

CHA2DS2-VASc Score (wikipedia)

Pollack CV Jr et al. Idarucizumab for Dabigatran Reversal N Engl J Med. 2015 Aug 6;373(6):511-20. 



続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

RE-LY試験のINR別解析

ダビガトランとワルファリンの比較であるRE-LY試験では、ダビガトランの有用性と安全性が示されたが、ワルファリンの有用性と安全性は、international normalized ratio (INR) が治療域に入っているかどうかで異なる。INRの層別解析の結果もでています。INR のコントロールが悪い群で、dabigatran のベネフォットが示されるという内容です。

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

ダビガトラン Dabigatran (プラザキサ Prazaxa) は3月末発売の見込み

ダビガトランの承認は1月21日、発売は少し先かと思っていたら、3月末の見込みとのこと。

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム