FC2ブログ

HbA1Cの国際標準化―特定健診はJDS値のみを用いる

4月1日から、内科診療では、HbA1C(NGSP)を、特定検診、保険指導では、HbA1CJDS)を使うことになりました。

糖尿病学会ホームページより
特定健診・保健指導
「平成24 年4 月1 日~平成25 年3 月31 日の期間は,受診者への結果通知及び保険者への結果報告のいずれも従来通りJDS 値のみを用いる.平成25 年4 月1 日以降の取り扱いについては,関係者間で協議し検討する。」

特定検診を、市などから委託されている医療機関では、診療はNGSP値、特定健診の結果はJDS値で記載し説明していくことになります。結局、両者を併記した、わかりやすい検査結果表が必要です。
特定健診の来年度分が始まるのは6月以降かと思われるので、それまでにスタッフの間に周知してかないといけないです。

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

日本の糖尿病診断基準の変更案について

糖尿病診断基準の学会理事会合意案は3月の「第44回糖尿病学の進歩」で公表されている。

①空腹時血糖値 ≥ 126 mg/dl

糖負荷試験2時間値 ≥ 200 mg/dl

③随時血糖値 ≥ 200 mg/dl

および

HbA1CNGSP≥ 6.5%  (HbA1CJDS≥ 6.1%)

 

のいずれかとで糖尿病の診断。

同日に血糖値基準のいずれかとHbA1Cの基準満たした場合糖尿病の診断となる。HbA1C の反復検査では糖尿病の診断とならない。

 

感想

HbA1CJDS≥ 6.1% であっても、血糖値が基準を満たしていない場合は、糖尿病診断としていない。HbA1CJDS6.1%程度の場合、空腹時、随時血糖値で診断基準の満たさないことも多く、OGTTが必要となってくる。こういう診断手順は、現状に近く受け入れやすいと思います。

 

メディカルトリビューンの関連記事



テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

HbA1C国際標準化

東京歯科大学 市川総合病院 内科教授、武井 泉先生の御講演を聞いてきました。HbA1C測定法から、JDSNGSPの関係、今後の糖尿病診断基準の改定の見込みなど、非常に勉強になりました。文献などを検索して、HbA1Cの国際標準化についてまとめてみました。

 

1993DCCT で合併症予防のため血糖コントロールの重要性が示された。HbA1C測定の標準化も始まった。それまではHbA1C の統一された定義も決まっていなかった。

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

ADAの糖尿病診断基準

Standards of Medical Care in Diabetes—2010. Diabetes Care January 2010 33:S11-S61;
Diabetes Care 1月号に、新しい糖尿病診断基準が示された。

1. A1C > 6.5% (NSGP)

2.FPG > 126 mg/dl (7.0 mmol/l). (少なくも8時間の絶食後)

3. 75gOGTT 2時間値 >  200mg/dl (11.1 mmol/l)

4. 高血糖の古典的症状があり、随時血糖 (random plasma glucose) が、 > 200mg/dl (11.1 mmol/l)

 
1から4は or でつながれているので、どれか一つで診断確定となる。
2009
年版に比べ、A1C > 6.5% (NSGP) が新規に導入された。
 
日本のHbA1CJDS値を使っており、
A1C (NGSP 値(%))= 1.019 × HbA1c (JDS値(%))0.3
換算するとA1C 6.5HbA1c 6.08 となる。
 
日本でもHbA1c 6.1 が診断基準として、示される見込み。雑誌「糖尿病」に掲載されるのではないかと思います。
医師ブログ010127Diabetes Care_2

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
21位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム