1型糖尿病はβ細胞特異的な疾患なのか? 1型糖尿病のレビュー

 β細胞が特異的に自己免疫の傷害をうけるのではない。Pancreatic immune attack is not β-cell specific.
1型糖尿病の膵臓で、外分泌腺のatrophyが認められ、外分泌の抗原に対する自己抗体が明らかになっている。 (carbonic anhydrase II, lactoferrin, bile salt-dependent kinase, pancreatic cytokeratin)

insulitis は universal feature ではない
・1/3の患者にはinsulitis を認めないという報告がある。
・insulitis の定義は、最低3個の膵島に、15以上のCD45+ 細胞が浸潤していることと定義された。定量的には、insulitis は非常に少ない。2)
・糖尿病発症時、3タイプの膵島 (insulin-deficient islet, inflamed islet, normal islet) がさまざまな割合で混在している。

1型糖尿病は単一の疾患なのか?  疾患の多様性について
213例のメタアナリシスの結果、14歳以下、1ヶ月未満の経過で発症した場合、73%にinsulitis を認め、15-40歳では、同じ criteriaで、29% にinsulitisを認める。15歳以上では、14歳以下に比べ2倍のβ細胞があると報告がある。β細胞破壊の激しさ (aggressiveness) は年齢と関係する可能性がある。3)
成人では、HLA susceptibility を有する割合が低下する。

Battaglia M, Atkinson MA The streetlight effect in type 1 diabetes. Diabetes. 2015 Apr;64(4):1081-90. doi: 10.2337/db14-1208.

Campbell-Thompson ML, Atkinson MA, Butler AE, et al. The diagnosis of insulitis in human type 1 diabetes. Diabetologia 2013;56:2541–2543

In’t Veld P. Insulitis in human type 1 diabetes: The quest for an elusive lesion. Islets 2011;3:131–138


1型糖尿病の発見 (The Discovery of Type 1 Diabetes)

Lancet のDr. Gale の記事、「2型糖尿病は、heterogeneousな病態を含んでおり、すべてにフィットするガイドラインは難しい。2型糖尿病特有の特発性高血糖は疾患と考えるのはやめて、肥満、高血圧、高血糖、高脂血症のphenotype に対応した結果と考えたらどうでしょう。」という radical な意見でした。1)
その記事の中に、1型糖尿病と2型糖尿病がはっきり区別されたのは、1970年代であるという記載がありました。
それは意外に最近の事だったことに気づき、元論文2)を読んでみました。

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

1型糖尿病の成因

糖尿病学会で1型糖尿病の成因についてremind されたのでまとめをました。胸腺でインスリンの発現低下が1型糖尿病の発症に関与していること、また最近はT細胞が関わる獲得免疫だけでなく自然免疫反応が選考していることが確かめられてきた。

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

1型糖尿病のレビュー、膵島ダメージのメカニズム

Diabetes 5月号の1型糖尿病に関するレビューを読みました。
免疫のメカニズムについては、専門的で完全には理解できないが、膵β細胞の特異性についてよく書かれていた。1型糖尿病はβ細胞のみにダメージがおこるが、その理由はβ細胞に特異的に見られる、精密な (exquisite) な機能のためという説明が非常に興味深かった。

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
10位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム