高脂肪食でのインスリン分泌にはEpac2が重要

Epac2 が、通常食と高脂肪食でインスリン分泌での役割を変えているという論文、
全身のEpac2欠損マウスで、通常食では、グルコース刺激によるインスリン分泌は保たれるが、GLP-1によるインスリン分泌のpotentiation が損なわれる。高脂肪食では、グルコース刺激インスリン分泌が低下している。高脂肪食ではEpac2 の役割がさらに重要となる。

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

スルフォニルウレア剤とcAMPは、 Epac2 に結合し活性化する。

まとめ
スルフォニルウレア剤とcAMPは、それぞれ Epac2 の cyclic nucleotide–binding domain (cNBD)-AとcNBD-Bに結合する。スルフォニルウレア剤と Epac2 の結合では、cAMP濃度と薬剤の構造が重要となる。

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム