FC2ブログ

耐糖能異常でアカルボースは心血管イベントを抑制しない。

耐糖能異常と心血管イベントリスクのある患者にアカルボースを投与、5年のフォローアップの結果

・STOP-NIDDMで認められた2型糖尿病発症抑制は確認された。(4.4年で18%抑制)
・cardiovascular event の抑制効果は認められなかった。

ライフスタイル介入、メトフォルミン、チアゾリジンで、2型糖尿病の発症抑制が報告されている。

Nauck MA, Meier JJ. Break point instead of ACE: acarbose, post-load glycaemic excursions, and cardiovascularevents. Lancet Diabetes Endocrinol. 2017 Sep 12. pii: S2213-8587(17)30318-2. 

Holman RR et al. Effects of acarbose on cardiovascular and diabetes outcomes in patients with coronary heart disease and impaired glucose tolerance (ACE): a randomised, double-blind, placebo-controlledtrial. Lancet Diabetes Endocrinol. 2017 Sep 12. pii: S2213-8587(17)30309-1.

ピオグリタゾンは、糖尿病がなくインスリン抵抗性のある患者で脳卒中、心筋梗塞の発症を抑制する

糖尿病がなく、HOMA-IR 3 以上、脳卒中、TIAを発症した後にピオグリタゾンを投与
プライマリーアウトカムは致死性、非致死性の脳卒中、心筋梗塞

4.8年後、致死性、非致死性の脳卒中、心筋梗塞のリスクはピオグリタゾンで低下  (HR 0.76)

体重はプラセボに比べ 4.5 kg 増加、浮腫、骨折による外科手術や入院は増加する。

糖尿病発症    リスク低下 HR 0.48
全死亡率     有意差なし
心不全による入院 有意差なし、(心不全のリスクのある患者はリクルート時に除外している)

ピオグリタゾンは、PPAR-γを活性化し、PPAR-αをpartial activationする。

Pioglitazone after Ischemic Stroke or Transient Ischemic Attack

 

ピオグリタゾンは認知症リスクを低下させるかもしれない

2004年から2010年、60歳以上、14万人の観察研究
ピオグリタゾンを2年未満服用した場合、認知症リスクは非糖尿病者と変わらないが (RR 1.16、p=0.317)、
服用しない場合は23%増加する (RR 1.23、p<0.001)

Heneka MT, Fink A, Doblhammer G. Effect of pioglitazone medication on the incidence of dementia.
Ann Neurol. 2015 May 14. doi: 10.1002/ana.24439. [Epub ahead of print]

ACT NOW、チアゾリジン誘導体 (TZD) の体重増加は中枢性の作用。腎臓では遺伝子レベルでなく、直接ナトリウムトランスポーターに作用してナトリウムを吸収する。

ACT NOW Study は、pioglitazone を使ったIGTから糖尿病への進展予防のスタディ。NEJM 3月24日号に掲載された。Pioglitazone には糖尿病進展予防効果があるが、体重増加と浮腫も伴う。
この連休中に、日経新聞の記事やADAのメルマガで、TZDによる体重増加と浮腫に関して、論文がでていることに気がつき、まとめてみました。

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
21位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム