GIPによるインスリン分泌増強の代償

グルカゴン、GLP-1が発現しないプログルカゴン遺伝子欠損マウスでは、膵β細胞にGIPが発現するようになり、インスリン分泌はOGTT、IPGTTともに良いという結果です。(Diabetes online first)

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

薬理学的量のGIPは、グルカゴン分泌を促進する。血糖コントロール後にはGIPのインスリン分泌増強作用は回復する。

ヒトの糖尿病で、GLP-1とGIP併用での血糖降下作用の検討結果です。
糖尿病では、GIPのインスリン分泌作用が非常に低下しているが、マウスでは薬理学的量のGIPで血糖値を改善させた報告があり、ヒトでも検討したということらしい。GLP-1とGIPの相互作用についても期待された点もあった。結果としては、薬理学的量のGIPはグルカゴン分泌を促進して、GLP-1とGIPの併用降下は認められないという結果です。

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム