細菌性下痢症

食中毒(food poisoning)の原因菌としては、黄色ブドウ球菌(S.aureus)、ウェルシュ菌 (C. perfringens) が多い。

下痢の時の食事
トマトスープ、チキンヌードルスープ、クラッカー、マッシュドポテト、焼きあるいはゆで野菜、肉
BART (バナナ、ご飯( rice) 、アップルソース、トースト)
単純糖質や食べやすい野菜類がいいようです。

Guillain-Barre 症候群が、campylobacter 感染症による下痢の後の合併症として挙げられている。
N Engl J Med 2009;361:1560-9. (October 15)

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

糖尿病大規模研究(UKPDS)

UKPDS (United Kingdom Prospective Diabetes Study)

新規に糖尿病と診断された5102人のうち、4209人をconventional therapy (食事療法)とintensive therapy (SU剤、インスリン、肥満患者にはメトフォルミン)へ振り分け、10年以上追跡した。

HbA1C は 7.0 vs. 7.9%

HbA1Cが1%低下すると、microvascular complicationsは35%減少、糖尿病関連死は25%減少。全死亡は7%減少した。有意差はないが心血管合併症は16%減少した。

血圧のコントロールは微小および大血管合併症を有意に減少させた。血圧を142/82程度にコントロールすると糖尿病関連死、脳卒中、microvasular endpoint、網膜症、心不全を32-56%に減少させた。

血糖コントロールは心血管死と減少させなかったが、中性脂肪減少、HDLコレステロールを増加させリポタンパク危険因子(risk profile)を改善させた。

スタディ終了後、3277人をさらに10年間フォローアップした。

A1Cの差は消失したが、SU剤―インスリン群で、糖尿病関連エンドポイント、微小血管症のリスク減少が持続した。心筋梗塞のリスク減少、死亡減少が明らかになった。(トライアル中には認められなかった。)

メトフォルミン群で、糖尿病関連エンドポイント、心筋梗塞、死亡のリスク減少が持続した。

10-Year Follow-up of Intensive Glucose Control in Type 2 Diabetes

N Engl J Med 359:1577, October 9, 2008

Harrison's Principles of Internal Medicine 15th ed.

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

糖尿病大規模研究(ACCORD, ADVANCE, VADT)

ACCORD study

Effect of intensive glucose lowering in type2 diabetes The ACCORD study group
N Engl J Med 2008;358:2545-59

10251
例、HbA1C 8.1%の患者を強化療法群と標準治療群に割当てた。

1年後のHbA1Cは、6.4 vs. 7.5%
Primary endpoint
主要な大血管症(非致死性心筋梗塞、非致死性脳卒中、心血管系の原因による死亡)。女性の38%、男性の35%cardiovascular event  の既往があった。

3.5年のフォローアップで、強化療法群では標準療法群に比べ死亡率が増加し、cardiovascular event の有意な減少は認めなかった。

 

ADVANCE

Intensive blood glucose control and vascular outcomes in patients with type2 diabetes
The ADVANCE Collaborative group
. N Engl J Med 2008; 358:2560-72

11140人の2型糖尿病患者を、標準治療とgliclazide と他の治療で、A1C6.5%以下を目指した強化療法に振り分けた。

Primary endpoint ,主要な大血管症(非致死性心筋梗塞、非致死性脳卒中、心血管系の原因による死亡)と主要微小血管障害(腎症、網膜症の新規発症が悪化)とした。

5年のフォローアップで、複合エンドポイント(大血管症+微小血管症)、微小血管症は強化療法群で有意に減少した。腎症の改善による。網膜症、大血管症は、有意差なし

VADT study

Glucose Control and Vascular Complications in Veterans with Type 2 Diabetes

N Engl J Med 360:129, January 8, 2009 The Veterans Affairs Diabetes Trial (VADT)

1791人の退役軍人(平均年齢 60.4歳)

罹病歴 11.5年   40%に心血管イベントあり

標準療法に比べ強化療法でA1C 1.5% 低くすることを目標とした。

5.6年のフォローアップで、A1C 8.4 vs. 6.9%
プライマリーアウトカム 心血管イベント、心筋梗塞、脳卒中、心血管死、心不全、血管手術。

プライマリーアウトカムは標準療法で、264人、強化療法で235人に起こった。プライマリーアウトそれぞれの要素で、有意差はなかった。

有害事象は主に低血糖で、標準療法で17.6%、強化療法で24.1%に起こった。

コントロール不良の2型糖尿病で、強化療法は、主要心血管イベント、死亡、微小血管合併症に有意な効果は認められなかった。


続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

糖尿病数式集

平均血糖値
eAGmg/dl = 28.7 × A1C - 46.7, R2 = 0.84, P < 0.0001)
http://professional.diabetes.org/GlucoseCalculator.aspx
http://care.diabetesjournals.org/content/31/8/1473.short
血糖値とA1Cの関係は患者側には分かりにくく、医療スタッフの予測ほど、広く浸透しているものではない。
血糖値コントロールの分かりやすい指標として、平均血糖の概念が提唱された。(ADA ホームページ)
A1C (%)
eAG (mg/dl)
5
97
6
126
7
154
8
183
9
212
10
240

HOMA-R
= 空腹時血糖(mg/dL)x 空腹時インスリン濃度(
micro U /ml)
                                       405
インスリン抵抗性の指標
グルコースクランプで求めたM値と空腹時血糖140-170 mg/dl までは有意に相関する。
正常値 2以下

HOMA-beta
= 空腹時インスリン濃度(microU/ml) x 360
              空腹時血糖(mg/dL)-63
β細胞機能の指標
高血糖クランプ、IVGTTのacute insulin response, continuous infusion glucose model assessment (CIGMA)と相関。
http://care.diabetesjournals.org/content/27/6/1487.full.pdf+html
(Diabetes Care 27; 1487-1495,2004)
OnIine DITN 第291号2002年(平成14年)5月15日発行

A1C 、HbA1c 換算式 【20100221追記】
A1C (NGSP 値(%))= 1.019 × HbA1c (JDS値(%))+0.3
換算するとA1C 6.5=HbA1c 6.08 となる。

コレステロールモル換算 (T-chol, LDL Chol, HDL Chol)
240 mg/dl = 6.22 mmol/L
200 mg/dl = 5.18mmol/L
100 mg/dl = 2.6  mmol/L
 69.5 mg/dl =1.8 mmol/L
38.6 mg/dl =1 mmol/L

中性脂肪脂肪モル換算 (Trigliceride)【20100322追記】
500 mg/dl =5.64  mmol/L
200 mg/dl = 2.3mmol/L
150 mg/dl = 1.7  mmol/L
88.6 mg/dl =1 mmol/L

クレアチニンモル換算
 (Creatinine)【20100322追記】
1 mg/dl =88.4
micromol/L

血漿浸透圧
血漿浸透圧(Posm) = PNa x 2 + BUN (mg/dl)/2.8 + Glucose (mg/dl)/ 18

アニオンギャップ
=Na-(HCO3- + Cl), 正常範囲:12

ポンドキログラム換算
1ポンド=0.453キロ

分子量が出ているサイト【20100709追記】
http://www.nephron.com/cgi-bin/SI.cgi

インタクトプロインスリン / インスリンモル比 (P/I) 日本人の正常値
日本人での基準範囲は0.04-0.31
インタクトプロインスリン / インスリンモル比の特徴と臨床的意義(その1)
糖尿病 52(7):537-545, 2009
http://diabetologistnote.blog119.fc2.com/blog-entry-154.html

食塩をナトリウムに換算する【20140821追記】
                      MW
Na                  23
Cl                   35
NaCl (食塩)     58
 
食塩1gはナトリウム 0.4 g
ナトリウム1gは食塩2.5 g
 

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
75位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
10位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム