ONTARGET ― テルミサルタンとRamiprilはハイリスク患者において同等の心血管死、イベント抑制

2008 年の論文ですが、テルミサルタン(ARB)とRamiprilACE阻害薬)との併用はbenefit がなく副作用を増やすと書いてあり、強く印象に残っています。

テルミサルタン、Ramipril、両者併用 に8500人ずつ割り当てられていて、規模が大きい点でも良いトライアルだと思う。

ARBACE阻害薬に対する相対評価も良く書かれています。

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

原発性卵巣機能不全と動脈硬化、骨粗しょう症

原発性卵巣機能不全は漠然とした理解しかなかったので勉強してみました。

エストロゲン不足から骨粗鬆症や動脈硬化を起こしやすく、 Women’s health care に重要な疾患である事がわかりました。

 

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

糖尿病性網膜症に血糖の閾値はない。

眼底カメラの発達で、網膜症の診断技術が上がり、糖尿病診断手前の人にも網膜所見があることが明らかになっているようです。2008年Lancetの論文では、「大血管症は血糖の閾値がないとされており、網膜症についても同様である。」と指摘されていました。

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

合剤は日本に根づくのか?

ARBと利尿剤の合剤が数多く発売されてきています。利尿剤はレニン活性上げるのに対し、ARBRAS系阻害するので、お互いが補い合って、より強力な降圧作用を示すので、両者の組合せは非常に良い。

でもfixed dose の合剤の使い勝手はとなると難しい点が多い。

 

① カルシウム拮抗薬;安定した降圧作用、薬価はARB,ACE阻害薬より安価

② RAS阻害薬(ARBACE阻害薬);腎保護作用、心不全治療

③ 利尿剤;安くて歴史がある。降圧作用も良い。

 

主に上記の降圧剤を組み合わせて、理想の血圧にコントロールを目指しています。利尿剤は少量なので調節の幅は少ないが、カルシウム拮抗薬とARBは少量から最大量まで投与量に大きな幅があります。

 

外来では病状に応じてカルシウム拮抗薬とARBを調整して、微量アルブミン尿やタンパク尿があればARBを通常量から最大量まで増やし、血圧が高めなら、カルシウム拮抗薬を増やしていくということが多い。

 

ARBと利尿剤の合剤を使い、さらにARBを増やしたい場合、合剤のARBと追加したARBが同じでも別の商品名で入ってくる。そういう処方箋はとても落ち着けない感じがあります。合剤を使ったら、ARB容量の縛りが入ってくるようで使いにくい。


欧米でBMIの大きい人が服用する場合は、容量調節を考慮しないことが多いので合剤が使いやすいのかもしれないと推測しています。

 

合剤では服用コンプライアンスが明らかによいとか、医療費の面で安価になるなどのbenefit がなければ合剤が広まるのは難しいかなと思う。

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

尿酸と心血管リスク

尿酸値が心血管イベントの独立した危険因子であるかは議論のあるところで、NEJMreview を興味深く読みました。

 

「心血管リスクを減らすために、症状のない高尿酸血症に対しアロプリノールで治療することをサポートするものではない」と最初と最後で協調しつつ、尿酸が高血圧を起こすメカニズムなどを詳しく説明してありました。

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
12位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム