CGMとインスリンポンプの一体化 MiniMed Paradigm REAL-Time system

NEJM誌7月22日号に掲載された、持続血糖モニター (CGM)とインスリンポンプ併用スタディ(STAR3)を読んで、CGMとインスリンポンプが一体化した機器が既に発売されていた事を知りました。2台の機器をつける必要がなくなりCGM、インスリンポンプ療法を身近にできる画期的な進歩だと思います。

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

ロシグリタゾンの今後

FDAはロシグリタゾンに対する決定を近々下す見込みのようです。
アドバイザリーコミティの審議の結果がNEJM誌に載っており、Arch Intern Med 誌にもreviewが掲載されています。

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

肥満治療薬のまとめ2 (リラグルチド)

肥満治療薬としてもリラグルチドのスタディのまとめです。リラグルチドは3 mg まで、20週のトライアルが行われていて、dose-dependent に体重を減らし、prediabetes state も改善させていた。
食事療法と運動療法(physical activity)をあげることも行われていて、プラセボ、Orilstat でも5%以上体重を減らしている人もいるが、prediabetes state は改善していなかった。

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

肥満治療薬のまとめ

GLP-1作動薬は減量薬としても期待されていて、去年、Lancet誌にも論文がでていました。
NEJMに肥満治療薬 Lorcaserinの論文がでていて、他の減量薬の現況、GLP-1との違いを調べてみました。

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

空腹時血糖値70-100 mg/dl は心血管病リスクと関係しない。

Lancet 6月26日号では、空腹時血糖値と血管病 (vascular disease )リスクとの関係を報告している。

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム