コレステロール引き抜き能 (cholesterol efflux) と動脈硬化

High density lipoprotein (HDL) のコレステロール引き抜き能は頸動脈肥厚と逆相関するという結果です。
ヒトのfibroblast をつかった場合では頸動脈肥厚との相関は示せていなかったが、今回はマウスのマクロファージのcell line をつかって、綺麗に相関を示していた。スタチンはcholesterol efflux に影響しないが、ピオグリタゾンは改善させるということでした。

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

糖尿病性網膜症と抗VEGF抗体療法

糖尿病眼合併症学会続きです。女子医大眼科掘先生の御講演で、眼科内注射の位置づけが分かり、勉強になりました。
抗VEGF抗体療法が、眼に優しい治療として紹介されていました。抗VEGF療法が注目された論文は2004年のものなのでまだ治療の歴史としては浅い。

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

自己免疫性糖尿病とインスリン抗体 (IAA)、ZnT8抗体

10月に長崎大学川崎先生講演会で紹介された論文。この時ZnT8抗体についても詳しく紹介された。日本人で、インスリン抗体(IAA)IA2抗体、ZnT8抗体とGAD抗体とのオーバラップの割合についての論文です。

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

GLP-1の細胞内シグナリング(1)

地方会でGLP-1作動薬の報告をするので、GLP-1について勉強中。GLP-1の細胞内シグナリングについて、まとめてみました。Holst の総説では、PKA、cAMP-GEFIIを介して、インスリンのexocytosis に関連するタンパクをリン酸化し、exocytosis を促進するのが主要な作用。

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

網膜静脈閉塞症と抗VEGF抗体療法

網膜静脈閉塞症のレビューです。
抗VEGF抗体ラニビズマブranibizumab は2009年3月に薬価収載、VEGFに対するヒトモノクロナール抗体(Fab部分)であり硝子体注射用に開発された。
アバスチン(ベバシズマブ、bevacizumab)はVEGFの完全型抗体。
ranibizumab の硝子体注射のスタディで、post hoc analysis ながら、nonoccular hemorrhage (脳出血を含む)が増加しているという報告がありました。
 
まとめ
網膜静脈閉塞症は、世界で1600万人が罹患、分枝閉塞症はその4倍
視力障害 visual loss は、血管新生のため。
 
網膜静脈分枝閉塞症
①光凝固 (Laser treatment ) は血管新生予防、硝子体出血のリスクを減らす。
②ステロイドの硝子体注射 (Triamcinolon) は眼圧上昇の副作用がある。白内障のリスクはコントロールと同じ。
③anti-VEGF agents (ranibizumab, bevacizumab) で視力改善の報告あり。
 
網膜中心静脈閉塞症
①レーザーは視力低下に効果がない。
②脈絡静脈吻合 (chorioretinal anastomosis) レーザーを使う治療だが詳細は?
③硝子体ステロイド注入はコントロールに比べ視力を改善する。
④Anti-VEGF agents ranibizumabで視力改善の報告あり。
anibizumab投与で、systemic vascular event に差はない。
 
網膜静脈閉塞症はリスクファクターがなくても、50歳以上のひとに起こりやすい。
若年者は別の病因かもしれないが、systemic coagulation abnormality のある人に起こるのかは不明。
月1回のranibizumab 硝子体注射で、nonoccular hemorrhage (脳出血など)がコントロールに比べ増えたという報告あり(二つの報告のpost hoc anlysis 3)4))
抗VGEF抗体投与が心血管イベント特に脳卒中を起こすかどうかさらにデーターが必要。

分枝閉塞症にはレーザー治療(grid laser) が first line treatment。抗VEGF抗体療法に比べ副作用やコストが少ない。
 dense macular hemorrhage のあるような症例には抗VEGF療法を検討する。
 
 1. Retinal-Vein Occlusion N Engl J Med 2010; 363:2135-2144 November 25, 2010
 2. Intravitreal Triamcinolone for Diabetic Macular Edema N Engl J Med 2010; 363:2351December 9, 2010
光凝固に不応性は糖尿病性網膜症による黄斑浮腫に対してTriamcinolone 硝子体注入を行い、改善させたという症例報告。
 3.Ranibizumab versus Verteporfin for Neovascular Age-Related Macular DegenerationN Engl J Med 2006; 355:1432-1444October 5, 2006
 4.Ranibizumab versus Verteporfin for Neovascular Age-Related Macular Degeneration ANCHOR Study GroupN Engl J Med 2006; 355:1432-1444October 5, 2006
 5.M&D医薬資料研究所のRanibizumabに関するサイト
http://www.mikanbox.com/md-lab/column/imashuku/Column4/column4_10.html




続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
169位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
20位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム