RE-LY試験のINR別解析

ダビガトランとワルファリンの比較であるRE-LY試験では、ダビガトランの有用性と安全性が示されたが、ワルファリンの有用性と安全性は、international normalized ratio (INR) が治療域に入っているかどうかで異なる。INRの層別解析の結果もでています。INR のコントロールが悪い群で、dabigatran のベネフォットが示されるという内容です。

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

sweet taste receptorsとGLP-1分泌、L細胞も甘みを味わう。

Diabetologia のGLP-1の総説を読んで、L細胞の甘味受容体(sweet taste receptor) がGLP-1分泌に関与していることが分かりまとめてみました。

GLP-1分泌に関する受容体で、L細胞の絨毛側 (管腔側luminal)にあるのは、ナトリウムとcouple しグルコースを取り込むsodium glucose transporter とsweet taste receptorsである。脂肪酸の受容体である GPR119、GPR120 が絨毛側にあるか基底外側膜 (basolateral membrane) にあるのかはっきりしていない。1)

Gastductin は、taste transduction pathway のkey elementsとなるG蛋白。
Gastductin は、小腸のL細胞の90%以上に存在。K 細胞には50% 未満で存在。
ヒトでは、5-10%にGLP-1とGIP が共染されるL/K 細胞があり、L/K 細胞にはgastductin も存在する。
ヒトの十二指腸のバイオプシーの蛍光免役染色で、Gastductinの発現を認めた。

Gastductin のノックアウトマウスでは、経口グルコース投与後のGLP-1上昇が認められない。
ヒト腸管内分泌細胞NCI-N716細胞で、ブドウ糖、ショ糖sucrose、人工甘味料 sucraloseはGLP-1分泌を分泌させsweet taste receptors antagonist である lactisoleや、gastductin のSiRNAはGLP-1分泌を阻害する。

感想
Enteroendcrine cell であるL細胞は甘味受容体があったり、GLP-1でインスリン分泌させ、食欲抑制をかけたりすることができかなり高度な細胞で、L細胞のGLP-1分泌促進薬も創薬のターゲットとしては面白そうです。

3)の論文は、ダイエットコーラには人工甘味料sucralose、acesulfame-Kが含まれていて、糖負荷試験10分前にダイエットコーラ240mlを飲ませたところ、血糖値に差はないが、GLP-1のarea under the curve (AUC) は増加したという内容です。


1. Secretion of glucagon-like peptide-1 (GLP-1) in type 2 diabetes: what is up, what is down? Nauck MA, Vardarli I, Deacon CF, Holst JJ, Meier JJ. Diabetologia. 2011; 54: 10-18

2. Gut-expressed gustducin and taste receptors regulate secretion of glucagon-like peptide-1 PNAS 2007 104 (38) 15069-15074

3. Ingestion of Diet Soda Before a Glucose Load Augments Glucagon-Like Peptide-1 Secretion Diabetes Care 2009 32 (12) 2184-2186
2018/01/18改訂


続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

インスリン分泌のcephalic phase

Diabetologia のGLP-1の総説を読み、”GLP-1は食事開始15分後より分泌、インスリンはより早く、食事開始10分後に分泌がはじまる。”という点に興味を持ちました。
ごく早期のインスリン分泌についてまとめてみました。

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

空腹時血糖が高いことはGLP-1分泌の強力なpredictorではない。

2型糖尿病でGLP-分泌は低下していないというのがNauck の見解です。空腹時血糖が高いことはGLP-1分泌の強力なpredictorではないということからです。
肥満、高グルカゴン血症がGLP-1分泌を下げるということは書かれています。
Abstract だけ読んでいたDiabetologia のGLP-1の総説の本文を読んでみました。

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

ダビガトラン Dabigatran (プラザキサ Prazaxa) は3月末発売の見込み

ダビガトランの承認は1月21日、発売は少し先かと思っていたら、3月末の見込みとのこと。

続きを読む

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
195位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
25位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム