TRANSCENDとPRoFESS

テルミサルタンのスタディは20083月のONTARGETに続いて、9月にTRANSCENDPRoFESSが出ていて、そのまとめです。

TRANSCEND

ACE阻害薬が服用できない人をテルミサルタン(2954人)かプラセボ(2972人)、56カ月フォローアップ。ONTARGETよりも心血管イベントリスクは低い集団。

 

プライマリーアウトカムは有意差なし。心血管死、心筋梗塞、脳卒中はテルミサルタンで低下(moderately reduced)。心不全で有意差がつかない理由は、LVHが著明でない集団、プラセボで利尿薬、βブロッカーの使用が多く心不全をマスクしたかかもしれない。両群の血圧の差がmoderateであったなど。

 

PRoFESS

脳卒中発症90日以内対象、テルミサルタン(10146人)かプラセボ(10186人)。

アスピリン+ジピリダモールとクロピドグレルの比較試験と組んでいた。

 

プライマリーアウトカムである脳梗塞再発は、テルミサルタンとプラセボで有意差なし。

フォローアップが2.5年と短期であったこと、降圧効果が少ない(プラセボでACE阻害薬を含む降圧剤が多い)などが脳卒中再発予防を示さなかった理由。

プライマリーアウトカムのグラフは、差は開いてきていて、もう少しフォローアップが長ければ、有意差がつきそうでした。

 

 

Effects of the angiotensin-receptor blocker telmisartan on cardiovascular events in high-risk patients intolerant to angiotensin-converting enzyme inhibitors: a randomised controlled trial . Lancet 2008; 372: 1174-83

The power to TRANSCEND Lancet 2008; 372: 1128–30


Telmisartan to Prevent Recurrent Stroke and Cardiovascular EventsN Engl J Med 2008;359:1225-37.


関連記事

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム