Lp-PLA2 と動脈硬化

phospholipase A2 (PLA2) は、アラキドンカスケードに働く酵素として有名ですが、LDLapoB についているPLA2secretory PLA2は、動脈硬化性疾患との関連が示唆され、PLA2 抑制薬は治験の段階に入っていることを知りました。

 

Lipoprotein-associated phospholipase A2 (Lp-PLA2) は、LDL ApoB の electronegative domain に付いていて(bound to)酸化されたリン脂質を加水分解してpro-inflammatory productを産生する。

 

Lancet 51日号には79000人、32 prospective dataで、Lp-PLA2と心血管イベントとの関連を検討。

 

Lp-PLA2 量、活性が1SD 増加するごとに冠動脈疾患、ischemic strokeが増加する。

ApoBが低い場合はLp-PLA2活性が相関

Risk raio は、non HDL コレステロール、収縮期血圧と同等。

secretory PLA2 阻害薬 varespladibLp- PLA2 阻害薬 drapladib は治験中。

 

1. Lipoprotein-associated phospholipase A(2) and risk of coronary disease, stroke, and mortality: collaborative analysis of 32 prospective studies. Lancet. 2010 May 1;375(9725):1536-44.


 2. Lp-PLA(2) and risk of atherosclerotic vascular disease. Lancet. 2010 May 1;375(9725):1498-500.


3. Inhibition of lipoprotein-associated phospholipase A2 reduces complex coronary atherosclerotic plaque development. Nat Med. 2008 Oct;14(10):1059-66. Epub 2008 Sep 21.


4. Effects of 1-H-indole-3-glyoxamide (A-002) on concentration of secretory phospholipase A2 (PLASMA study): a phase II double-blind, randomised, placebo-controlled trial.  Lancet. 2009 Feb 21;373(9664):649-58.


関連記事

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
13位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム