ARBITRER 6-HALTS trialに対するエディトリアル

エゼチミブのパラドキシカル効果について

1.小規模スタディである。(参加者208名)

2.統計解析が、single-variable correlation coefficients を使っているが、この方法は厳格なものではない。

3.SANDS (Stop Atherosclerosis in Native Diabetes Study)では、スタチン+エゼチミブで頸動脈肥厚の進展予防が認められた。(小規模スタディ)

 

Statin Therapy with Ezetimibe or Niacin in High-Risk Patients

John J.P. Kastelein, M.D., Ph.D., and Michiel L. Bots, M.D., Ph.D.

Published at www.nejm.org November 15, 2009 (10.1056/NEJMe0908841)

http://content.nejm.org/cgi/content/full/NEJMe0908841?resourcetype=HWCIT

 

関連記事

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
16位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム