カーボカウンティング

カーボカウンティングのまとめです。
ここ1年で、大阪大学 黒田先生、埼玉社会保険病院 丸山先生、大阪市立大学 川村先生の講演会で、カーボカウントの話を聞き勉強になり、まとめを作るきっかけとなりました。
内因性インスリン分泌がある程度あれば、食品交換表にそった食事療法でいいけれど内因性インスリン分泌が低下した場合は、炭水化物量を算定してインスリン量の調整を行ったり、補食に対してインスリン追加注射が必要となると思います。 

①炭水化物(g)に対して、インスリンの必要単位を計算。
インスリンカーボ比 (Insulin-to-carbo ratios)
500 ルールでインスリンカーボ比を計算(超速効型インスリンの場合)。
 
500÷総インスリン単位
合計64単位打っている人だと、500÷64=7.8g
インスリン1単位に炭水化物7.8g
インスリン1.28単位に炭水化物10g (炭水化物10g=1カーボとしたときのインスリンカーボ比)
 
講演およびマニュアル本でも、インスリンカーボ比は、端数だと計算しにくいにため、0.5、1.0、1.5など0.5単位刻みで設定することを勧めていて、この場合は炭水化物10g(1カーボ)に対してインスリン1.5単位でスタート。
 
この計算式が妥当かどうか逆算してみました。食パン6枚切り2枚は6カーボ=60gの炭水化物 で必要インスリンを計算すると、6×1.5=9単位。副食の炭水化物分を考慮すると、現在うっている食前の超速効型の単位とおおむねあっているので、安心して開始することができました。
 
主食のカーボ量 
食パン 6枚切り 3カーボ
ご飯10g で 0.35カーボ
どんぶり茶碗1杯 5.5カーボ
フラッシュカードで覚えて、食事時に計算。
牛どんなど、固定の食事のカーボ量も下記の「かんたんカーボカウント」にのっています。
 
副食のカーボ量ですが、糖尿病H22年6月号に、黒田先生が、食品交換表に準拠した糖尿病食も副食のカーボ量は120g程度である事を報告されています。2)
 
また、カーボ量(g)を、主食の総重量から計算する方法も示されていて、
米飯40%、バン50%、ゆで麺20%を総重量にかけると炭水化物量になるとしています。2)
 
インスリン総使用単位が、20 単位以下、単位以上では、500ルールにのらないことが多い。インスリンカーボ比は、日内でも変化するので、実際にやってみて自分で修正していくことが必要です。1)
 
②血糖補正用のインスリン量の計算。
インスリン1単位で血糖がどれくらい下がるか、Insulin sensitivity factor (ISF) 4)を計算する。
1800ルールあるいは1700ルール(超速効型インスリン使用の場合)で計算する。1) 5)
速効型インスリンを使っている場合は1500ルールを使う。
 
1800ルールの場合
合計64単位打っている人だと、1800÷64=28
超速効型インスリン1単位で、血糖値が28mg/dl低下するという概算法。
食前血糖値120を目指していて、現在200であれば その差80あり
80/28=2.8 約2-3単位の超速効型インスリンの上乗せを行う。
インスリン効果値も日内変動あり
 
① + ②が食前に必要なインスリン量となるが、インスリンカーボ比、Insulin sensitivity factorは変動するので、この方法を試してみた結果から、さらに調整が必要です。
 
参考 
1. かんたんカーボカウント(改訂版) 大阪市立大学大学院医学研究科発達小児医学教室 大阪市立大学医学部附属病院栄養部【編】 (大阪)医薬ジャーナル社(2009/05/20 出版)
ISBN: 9784753223787

2.食品交換表に基づく新たなカーボカウントの指導法 糖尿病 53 (6): 391-395, 2010

3. 大阪市立大学小児科で出されているカーボカウントのマニュアル(PDF)

4. The Basics of Insulin Pump Therapy (Medtronic社のインスリンポンプのマニュアル

5. Abbot社 (FreeStyle のメーカー)のホームページ
1500, 1700, 1800ルール、500, 450ルールについて解説(英語)
リンク切れでした。2011/11/12

関連記事

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
11位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム