カゼイン加水分解ミルクと膵島自己抗体

HLA genotype から1型糖尿病にかかりやすいとされる(susceptible) 新生児に、カゼイン加水分解ミルクを与えることで、膵島自己抗体の発現は抑制されたが、1型糖尿病の発症率は変わらず。
NEJM 2010年11月11日号にはフィンランドで行われたパイロットスタディの結果を掲載、より大規模のthe Trial to Reduce IDDM in the Genetically at Risk (TIGER) study が進行中でその結果を待つことになります。

まとめ
2005年、フィンランドでは、15歳未満の子供の1型糖尿病の新規発症率が、64.2/10万人と世界でも高率
1型糖尿病の原因 T-cell-mediated autoimmunity
autoimmune triggers としては食事とウイルスが考えられている。(diet and microorganism (in particular, viruses))
 
母乳の方が母親の抗体が移行するので感染を減らし、離乳食を早く始めすぎると感染のリスクをかえる。 (注 母乳が1型糖尿病発症リスクを減らすかどうかは書かれていません。)
“For instance, transmission of maternal antibodies to the newborn through breast-feeding has long been known to decrease the infant's susceptibility to certain infections, and early introduction of enteral feedings in premature infants is known to alter their susceptibility to disease.” 2)
 
 HLA genotype から1型糖尿病のリスクが高い新生児を従来のミルクcow's-milk-based formula とカゼインを加水分解したミルクcasein hydrolysate formula にわけ、10歳まで、インスリン抗体、GAD、IA2、ZnT8、islet-cell antibodies (ICA)  の抗体陽性率を検討した。ICAはimmunofluorescence で定量。230人のrandomized double blind 試験。
 
 カゼイン加水分解ミルクグループは、IA-2、ICAの発現を有意におさえ、beta-cell autoimmunityを抑制した。
 ”Our study showed that among children with an HLA genotype conferring increased risk for type 1 diabetes and a first-degree relative with type 1 diabetes, weaning to a highly hydrolyzed formula during infancy was associated with fewer signs of beta-cell autoimmunity up to 10 years of age.”1)
 
 複数、自己抗体ができる場合はインスリン抗体、ICAが最初に陽性となる。(ともに25人中15人 60%で最初に陽性)、IA2 は5例(20%)、ZnT8は1例(4%)。
 GADの発現はハザード比0.8で有意差なし、
HLA genotypeで1型糖尿病になりやすいとされる子供では、GAD 抗体の存在が、1型糖尿病発症のリスクにつながるということは言えない。
“GAD autoantibodies have been shown to be associated with a low risk for progression to type 1 diabetes among young children with HLA-defined disease susceptibility.”
 
1型糖尿病の発症について エンドポイントではないが、有意差なし
casein hydrolysate formula 7/113
cow's-milk-based formula 9/117
 
cow's-milk-based formula 1.1ヶ月後、casein hydrolysate formula 2.6ヶ月後と開始時期に違いがあるが補正されているとのこと。
 
カゼイン加水分解ミルクの効果として、腸管の透過性、regulatory T 細胞の成熟誘導、腸管のmicroflola のmodification があげられている。
We speculate that potential mechanisms may involve reduced gut permeability, induction of the maturation of regulatory T cells in the gut-associated lymphoid tissue, modification of the gut microflora, or some combination of these. 
 
 感想
IA-2 抗体は明らかに抑制、1個、2個以上の抗体陽性率も減らしている。発症抑制については今後の結果まち。GAD抗体以外の特異度は高い。
Method にある抗体の感度 sensitivity、特異度specificity (2005 Diabetes Antibody Standardization Program (DASP) Work Shop より)
Insulin autoantibody                58%             100%
glutamic acid decarboxylase (GAD)      82%      96%
insulinoma-associated 2 molecule (IA-2)  72% 100%
zinc transporter 8 (ZnT8)            50%              100%


関連記事

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
13位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム