LEAD-3 GLP-1アナログとSU剤単独療法の比較

LEAD3 試験のまとめです。
内因性GLP-1はDPP IVで分解されるので半減期 (half life) 1.5分、リラグルチドはヒトGLP-1アナログで半減期 13時間であり、1日1回注射が可能となった。

糖尿病発症5年程度の745名を、グリメピリド8mg1日1回服用(248名)、リラグルチド1.2mg 1日1回注射(251名)、リラグルチド1.8mg 1日1注射(247名)に振り分け、52週間経過監査観察。

BackgroundA1C 8.3-8.4%, BMI33, BW92-93kg

結果
A1Cはグリメピリド8mgで0.51% (SD1.20%)、リラグルチド1.2mgで0.84% (SD1.23%)、リラグルチド1.8mgで1.14% (SD1.24%),低下した。
リラグルチドはグリメピリドに比べ、A1C、体重、FBS、収縮期血圧が低下し、低血糖が少なく、安全で有効な治療である。
Discussion から得た情報
Sitagliptin では体重が減らない。
Exenatideは半減期2.4時間で、1日2回食前注射が必要。
Sitaglitpinを 経口薬を使っていない人に投与 (naïve to oral anti-diabetic drugs)
100 mg1日1回でA1Cが、0.79%。FBS 18mg/dl 低下
200 mg1日1回でA1Cが、0.94%。FBS 21.6mg/dl 低下

メトフォルミンは5%がpoorly tolerated であり、腎機能の考慮が必要。
Exenatide, Sitagliptin も腎機能によりdose 調節が必要。Sitagliptinは重篤な腎不全に禁忌。一方、リラグルチドは、重篤な腎不全でも容量調節が必要ない。
2型糖尿病ではbeta-cell failure があり、進行した2型糖尿病でもGLP-1アナログの効果が認められるかは明らかでない。
リラグルチドに対する抗体の報告はごく少ない。

感想
BMI33位だとグリメピリド8mgでもA1Cは0.5%しか減らない。メトフォルミンなどインスリン抵抗性改善薬、αーGI の必要性を感じた。

リラグルチド1.2mgでも、グリメピリド8mgより下がるので、BMIの少ない日本人では容量調節が必要。

非常に良い薬という印象だが、心配なのは吐き気でリラグルチドでは30%近くに認める。膵炎もリラグリチドで2例あり。

1.Liraglutide versus glimepiride monotherapy for type 2 diabetes (LEAD-3 Mono): a randomised, 52-week, phase III, double-blind, parallel-treatment trial Lancet 2009; 373: 473–481

2. Eff ect of the dipeptidyl peptidase-4 inhibitor sitagliptin as monotherapy on glycemic control in patients with type 2 diabetes. Diabetes Care 2006;29: 2632–37.



テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
12位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム