n-3 fatty acidと心血管イベント

心血管イベント抑制で注目されている、n-3 fatty acid についてまとめです。
グリーンランドのEskimos (Inuits) では、心筋梗塞の発症が少なく、platelet activity も低い。食生活からn-3 fatty acid が注目された。

linoleic acid (18:2 n-6)              →     Alpha-linoleic acid (18:3 n-3)(ALA)
    ↓                                                    ↓
Arachidonic acid (20:3 n-6)                eicosapentaenoic acid (EPA)
    ↓                                                    ↓
    ↓                                                    ↓
         DPA                                              DHA
     
ほ乳類では、n-6、n-3 の位置に二重結合を入れられず生合成できないため、n-6、n-3 は必須栄養素
EPAとDHA は食物鎖に含まれる(植物プランクトン→さば、にしん、いわし、さけ→アザラシ、クジラ

n-3 fatty acidの直接効果として、細胞膜に取り込まれなくても、不整脈予防効果があることが知られている。ナトリウム、カリウム、カルシウムチャネルに立体的に干渉する。
“These free fatty acids cause steric interference with sodium, potassium, and calcium channels; this blocking mechanism is distinct from that of other known classes of antiarrhythmic agents.”
 
n-3 fatty acid は、G-protein coupled receptor 120を介して、monocyte やmacrophage で炎症やインスリン感受性をmodulate する。
 
JELIS試験は、スタチンにEPA上乗せ、4.6 年のフォローアップでmajor coronary events 19% 抑制。stroke も優位に抑制したが、sudden death の発症率はかわらず、日本人はもともとn-3 fatty acid の摂取量が多いため。

EPA の方がDHA よりfavorable な効果があるが、DHA の方が体に蓄積しやすい。
"The favorable effects of fish oils were originally attributed primarily to EPA. However, more DHA than EPA accumulates in the body, and DHA has broadly similar biologic effects."
 
American Heart Association は、冠動脈疾患患者に、合計1gのEPAかDHAを医師から処方をうけて摂取することを薦めている。
“The AHA also suggests that patients with documented coronary heart disease consume approximately 1 g of EPA and DHA (combined) per day, from oily fish or fish-oil capsules (after consultation with a physician).”
感想
EPAはある程度の量をとることが必要だが、マイルドながらも心血管イベント抑制効果を示すエビデンスはそろっているようです。
 
1. n–3 Fatty Acids in Cardiovascular Disease N Engl J Med 2011; 364:2439-2450June 23, 2011
2. Effects of eicosapentaenoic acid on major coronary events in hypercholesterolaemic patients (JELIS): a randomised open-label, blinded endpoint analysis Lancet 2007; 369: 1090–98
3. GPR120 Is an Omega-3 Fatty Acid Receptor Mediating Potent Anti-inflammatory and Insulin-Sensitizing Effects Cell, Volume 142, Issue 5, 3 September 2010, Pages 672-674,

Cell, Volume 142, Issue 5, 3 September 2010, Pages 672-674,
n-3 fatty acid and insulin resistance

関連記事

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
10位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム