Tribute to Mr. Steve Jobs

Steve Jobs 氏が亡くなりました。肝臓移植をしても、pancreatic neuroendocrine tumor を完治できず残念。
でも回復した間に、すばらしい機器と新しいIT生活をもたらしていってくれた。
私は、iPhone とMac Book Air を毎日使っています。
Medpage の記事より
"Jobs had been diagnosed with a pancreatic neuroendocrine tumor in 2003, and had surgery to remove it in 2004.
He took a six-month medical leave in 2009 after learning the cancer had spread to his liver, as this type of tumor often does. That April, he had a liver transplant at Methodist University Hospital in Memphis, Tenn.
Jobs announced his third leave of absence from the company on Jan. 17 of this year. Clinical experts said at the time that it was likely related to ongoing treatment.
A pancreatic neuroendocrine tumor is far different from the pancreatic cancer that killed Luciano Pavarotti, Patrick Swayze, and Randy Pausch. Neuroendocrine disease progresses more slowly and has longer survival, while the more common form of pancreatic cancer tends to kill quickly.”
 
Steve Jobs 氏は2003年にpancreatic neuroendocrine tumor の診断を受け、2004年に外科的に切除した。
この腫瘍は肝臓に転移することが多く、2009年、6ヶ月間は治療に専念した。この間、肝臓移植手術を受ける。2011年1月、治療のため、3度目の休職をとった。
膵臓がんは一般的に急速に進行し、死亡することが多いが、pancreatic neuroendocrine tumor は緩徐に進行する。
治療は、化学療法、手術、放射線療法、chemoembolidm がある。新しい治療として、everolimus (Afinitor) and sunitinib (Sutent) が認可された。bevacizumab (Avastin) をoff-labelで使う専門家もいる。
 
感想
治療法は日々進歩しているし、pancreatic neuroendocrine tumor にも、よりよい治療が見つかるはず。
それぞれが新しいことを生み出していかなければ行けないことを教えてくれました。ありがとうSteve Jobs。
 











関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
10位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム