脳内GLP-1シグナルとPKCδ

脳内GLP-1シグナルには、PKCδを介して、インスリン抵抗性に働くものもある。
マウスで、Exendin4 脳室内注射は、hyperinsulinemic hyperglycemia clampのglucose infusion rate GIRを下げる。 →インスリン抵抗性
 
このメカニズムとして、
脳内のGLP-1シグナルは、PKCδを、細胞質から細胞膜へtranslocationさせる。
その結果、femoral artery の血流を下げ、筋肉のglucose utilization を減らして、hepatic glucose storage を増やす。
 
1. Brain GLP-1 Signaling Regulates Femoral Artery Blood Flow and Insulin Sensitivity Through Hypothalamic PKC-Diabetes September 2011 vol. 60 no. 9 2245-2256 δ 
 

関連記事

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
11位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム