カーボカウンティングのまとめ (3)

カーボカウンティングに使われる数式に関する論文などをまとめました。
食事の炭水化物に対して必要インスリン量を計算するインスリンカーボ比(ICR)、血糖の補正を計算するために必要なinsulin sensitive factor を数式より算出して、その数値をそのまま使うのではなく、適宜補正していくことになります。

まとめ
carbohydrate-to-insulin ratio(CIR):インスリン1単位に対する炭水化物量
insulin-to-carbohydrate ratio (ICR):炭水化物1gに必要なインスリン量 CIRの逆数
correction factor (CF) : インスリン1単位が下げる血糖値、血糖の補正に必要。ミニメド社のリーフレットでは、insulin sensitive factor (ISF) と記載されている。
 
カーボカウンティングに用いる数式について
インスリン1単位に対する炭水化物量(CIR)を計算する方法は、450ルール、300ルール、500ルールなどがある。
CIR = 500/ TDD(total daily dose、総インスリン量)

2003年、Davidsonらは、以下の数式を提唱。
CIR = (2.8 x body weight in pounds)/TDD1)
1 ポンドは0.453592 kg
体重50kg  2.8 x 50 / 0.453592 = 308.6
体重80kg  2.8 x 80 / 0.453592 = 493.83
この数式で得られる係数も300-500ルールと同様。
 
CIRの逆数が炭水化物1gに対する必要インスリン量で、インスリンポンプの設定に必要。
 
補正に必要なCFは、1500、1700、1800 ルールが使われている。1700ルールが一般的1)2)3)。
CF (ISF) = 1700/TDD
 
1日炭水化物量計算と、1型糖尿病での必要インスリン
食品交換表では、総カロリーの55-60%を炭水化物で取ることを推奨している。
1600kcal では880-960 kcal
炭水化物は1g あたり4kcal なので上記のカロリーとなる炭水化物量(g)は220g-240g
炭水化物10gに対してインスリン1単位必要とすると、上記の炭水化物(g)に対するインスリン量は22-24単位
 
交換表の食事に従うと、1食の副食炭水化物量は20g  文献5)、
3食で60g インスリンは6単位
 
日本人の1型糖尿病での基礎インスリン量は、総インスリン量の30%程度 文献4)。
数式で予測される1型糖尿病の総インスリン量はこれらを合計すると約40単位となり、現状に近い。

1. Analysis of guidelines for basal-bolus insulin dosing: basal insulin, correction factor, and carbohydrate-to-insulin ratio. Endocr Pract. 2008 Dec;14(9):1095-101.
"the TDD for continuous subcutaneous insulin infusion = 0.24 * BWlb; basal insulin = 0.47 * TDD; CF = 1,700/TDD; and CIR = 2.8 * BWlb/TDD."
 
2. Guidelines for Insulin Dosing in Continuous Subcutaneous Insulin Infusion Using New Formulas from a Retrospective Study of Individuals with Optimal Glucose Levels J Diabetes Sci Technol 2010;4(5):1174-1181
“While accurate for average body weights and insulin sensitivity (IS), the 450 rule becomes less accurate with variations in body weight and IS. Modifications of the numerator in both formulas have been introduced over the years: 1800 and 2000 for the CorrF and 500 and 300 (for children) for the CarbF.”
Davidson and colleagues2,3 were the first to publish a clinical study of pump settings among 167 well-controlled pump patients at their Atlanta, Georgia, clinic in 2003. With a mean of 48% of the TDD used for basal delivery, this retrospective clinical study derived a new formula for the CarbF and a new constant for the CorrF for their Atlanta-based patients.”
 
3. From Medscape Diabetes & Endocrinology, Pumping Insulin: Developments in CSII
"One of the fathers of insulin pump therapy, Paul C. Davidson, MD, and his colleagues assessed insulin needs in some 1500 pump users and developed new algorithms for dosing insulin.[14] These are the rules that allow for calculation of how much insulin to take for so many grams of carbohydrate and for blood glucose correction when readings are too high or too low. The man who gave us the 1500 rule suggests a change to a 1700 rule in calculating the glucose correction factor (CF). Therefore, for a person on 50 units of insulin for a total daily dose (TDD), the CF goes from 30 (1500/50) to 34 (1700/50), meaning less aggressive glucose correction where (blood glucose-120)/CF equals an estimate of how much 1 unit of insulin will lower blood glucose. He calculates that the carbohydrate-to-insulin ratio should be (2.8 x body weight in pounds)/TDD. For a person of average weight, using the old 500 rule and the new formula are nearly equivalent.
With regard to correcting lows, Dr. Davidson recommended using the formula (100-blood glucose) x 0.2 = grams of carbohydrate for blood glucose corrections. Therefore, for a reading of 50, the formula would be 50 x 0.2 = 10 grams, which is far less than would typically be used."
 
4. Basal Insulin Requirement Is ∼30% of the Total Daily Insulin Dose in Type 1 Diabetic Patients Who Use the Insulin Pump Diabetes Care May 2011 vol. 34 no. 5 1089-1090 
黒田暁生先生の論文、1型糖尿病の基礎インスリン量は、総インスリン量の30%程度である
 
5. 食品交換表に基づく新たなカーボカウントの指導法 糖尿病 53 (6): 391-395, 2010
食品交換表に準拠した糖尿病食も副食のカーボ量は1食20g程度。
主食の総重量に対して、米飯40%、バン50%、ゆで麺20%が、炭水化物量(g) となる。
 
6. かんたんカーボカウント(改訂版) 大阪市立大学大学院医学研究科発達小児医学教室 大阪市立大学医学部附属病院栄養部【編】 (大阪)医薬ジャーナル社(2009/05/20 出版)
ISBN: 9784753223787
 
7. The Basics of Insulin Pump Therapy (Medtronic のPDFファイル)
上記タイトルをグーグルで検索するとPDFファイルがあります。
関連記事

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
13位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム