スタチン治療の有用性と安全生

Lancet のonline first、スタチン治療の有用性と安全性を示す結果です。

まとめ
シンバスタチン40㎎、in-trial follow up が5.3年、その後のフォローアップも含め11年の経過。トライアル中は、major vascular event を23%減少させた。スタチン治療を止めても5年間はbenefitが続く。がんの発生率、non-vascular events による死亡率にも影響しない。

Effects on 11-year mortality and morbidity of lowering LDL cholesterol with simvastatin for about 5 years in 20 536 high-risk individuals: a randomised controlled trial The Lancet, Early Online Publication, 23 November 2011
http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736%2811%2961125-2/fulltext
 

関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
10位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム