HAPO study-妊娠後期の血糖上昇は出生体重と、臍帯血Cペプチドと相関する。

Hyperglycemia and Adverse Pregnancy Outcomes
N Engl J Med 2008;358: 1991-2002.
http://content.nejm.org/cgi/content/full/358/19/1991
妊娠24週から32周の75gOGTT の結果
23316人(空腹時 105 mg/dl以下、2時間値 200 mg/dl以下)
 
プライマリーアウトカム
1.出生体重(胎生期の90パーセンタイルを超える)
2.帝王切開
3.新生児低血糖
4.臍帯血Cペプチド
 
セカンダリーアウトカム
1.37週以前の出産
2.肩甲骨難産あるいは出産時外傷
3.NICUでのケアー
4.高ビリルビン血症
5.子癇前症

結果と結論
糖尿病診断基準以下の母親の血糖値は、児の出生体重の増加と臍帯血Cペプチド値と強く相関する。
セカンダリーアウトカムとも有意な相関を認めたが、相関は弱い。
関連記事

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
13位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム