子供の頃の肥満は2型糖尿病のリスクとなる。

子供の頃の肥満は2型糖尿病のリスクとなるものの、大人で肥満がなくなっていれば、糖尿病発症リスクは、子供から大人までBMI正常者と同じという結果です。(NEJM11月17日号) 食育の重要性を感じました。

まとめ
4つのprospective study、6328人のデータ、大人の肥満の基準はBMI 30 
子供の頃、大人ともに肥満のない人をコントロールとする。
子供から大人まで肥満があると、2型糖尿病5.4倍、高血圧2.7倍、高LDLコレステロール血症1.8倍、低HDL血症1.8倍、高TG血症3.0倍 
子供の頃、肥満があっても、大人で肥満がなくなれば、子供から大人までBMI正常の人と、risk of outcomeは同じ。

子供の時の肥満が大人になってからのcardiovascular risk 増加とつながらないという報告もある。
今回の論文のlimitation は、observational study、4つのコホートからデ―タを取得している、主に白人のデータであること。 

子供の頃、体重が正常で大人になって肥満になるのは15%に過ぎない。
子供の頃、肥満であった82%は大人でも肥満となる。
 
Childhood Adiposity, Adult Adiposity, and Cardiovascular Risk Factors N Engl J Med 2011; 365:1876-1885 November 17, 2011

Childhood Obesity and Coronary Heart Disease Albert P. Rocchini, M.D. N Engl J Med 2011; 365:1927-1929November 17, 2011
 
Size at Birth, Weight Gain in Infancy and Childhood, and Adult Diabetes Risk in Five Low- or Middle-Income Country Birth Cohorts 
http://care.diabetesjournals.org/content/early/2011/11/11/dc11-0456.abstract
出産時低体重と、4歳以上の肥満は、2型糖尿病のリスクとなる。

関連記事

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
13位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム