FDAは、exenatide の週1回注射、Bydureon を認可した。

exenatide の週1回注射、Bydureon が認可され、Nature Medicine にも早速、記事がのりました。

Once-weekly diabetes drug wins approval on third try http://bit.ly/AtjruA
まとめ
アミリン社の、週1回注射Bydureon(exenatide) は、3度目の申請で、本日(27 Jan 2012) 承認された。
Bydureon の徐放技術 (control release technology) は、Alkermes 社が開発した。
注射回数が少なくすみ、バイエッタよりも体重減少作用が強い。
 
Bydureon の第三相試験を行ったDaniel Drucker 先生は、「頻回注射を好まない人、インスリン治療で体重増加を来している人に有用である。」としている。

現在、毎日注射を行っている人のうち、どれくらいがBydureonに切り替わるかは未知数。
Bydureonは、Victoza の連日注射に比べ、血糖コントロール効果が同等でないという報告が示されているが、切り替え数の予測にはあまり役に立たないかもしれない。
アミリン社は、Bydureonの体重減少と注射コンプライアンスへの有用性に期待している。

Eli Lillyと イギリスの GlaxoSmithKline 社が、long-acting GLP-1 analogs を開発し、phase 3 trials に入っている。ノボ社は、週2回のインスリン注射を開発中。"Novo has a pair of weekly injectables in its pipeline."

感想
バイエッタ1日2回注射のうち夕方分が、仕事が遅くなり外食したりする場合にうてない場合もあると思います。
GLP-1 analog の注射コンプライアンスが良くない人には、良い薬剤と思われます。
日本発売もそう遠くないと聞いたことがあり、日本市場への登場を期待しています。

関連記事

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
13位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム