2相性インスリン分泌と細胞骨格、small GTPase (2)

2相性インスリン分泌まとめの続きです。
Rab family 
Rab3AとRab27Aはインスリン顆粒のpriming とdocking に働く。
 
Ras-like GTPase family
Ras-like GTPase familyで、インスリン分泌に関係するのはRap1とRalA
Rap1に対するGEF protein はEpac2である。
Epac2はfirst phase のcAMP-potentiated fusion events に重要。

"Activation of cAMP signaling potentiates both phases of glucose-induced fusion events, and a recent study using islets from Epac2–/– mice showed that Epac2 was selectively important for cAMP-potentiated fusion events in the first phase of insulin secretion (Shibasaki et al., 2007)."
 GLP-1とGIPは、Rap1 pathway を介する。GLP-1は、cAMP-Epac2 signaling を介して、2型糖尿病のfirst phase を rescue する。

RalAは、細胞膜と細胞質に局在、分泌顆粒には認めない。INS-1細胞で、RalAを欠失させると、exocytosis が減少、RRP size の減少、RRPのmobilization、exocytosis が減少する。
 
SNARE proteins and SNARE accessory proteins
syntaxin, Munc18, Munc13 について記述あり。
 
このreview の結論
Cdc42とRac1が、nutrient signal によるsecond phase insulin releaseを仲介している。Rab- and Ras- family GTPaseは、docking and/or priming に重要である。
 
Wang Z, Thurmond DC.
J Cell Sci. 2009 Apr 1;122(Pt 7):893-903. Mechanisms of biphasic insulin-granule exocytosis - roles of the cytoskeleton, small GTPases and SNARE proteins. Free article

関連記事

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム