HbA1Cの国際標準化―特定健診はJDS値のみを用いる

4月1日から、内科診療では、HbA1C(NGSP)を、特定検診、保険指導では、HbA1CJDS)を使うことになりました。

糖尿病学会ホームページより
特定健診・保健指導
「平成24 年4 月1 日~平成25 年3 月31 日の期間は,受診者への結果通知及び保険者への結果報告のいずれも従来通りJDS 値のみを用いる.平成25 年4 月1 日以降の取り扱いについては,関係者間で協議し検討する。」

特定検診を、市などから委託されている医療機関では、診療はNGSP値、特定健診の結果はJDS値で記載し説明していくことになります。結局、両者を併記した、わかりやすい検査結果表が必要です。
特定健診の来年度分が始まるのは6月以降かと思われるので、それまでにスタッフの間に周知してかないといけないです。

関連記事

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
11位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム