1型糖尿病で、インスリンdegludec はglargine に対して非劣性を示す。

1型糖尿病、食前アスパルトとの併用で、インスリンdegludec とglargine を1日1回注射のレジメで比較、degludec はglargine に対して非劣性を示し、confirmed hypoglycemic episodes は同じだが、degludec で夜間低血糖は25%少ないという結果です。1)

・treat-to-target approach で朝食前血糖値は70-90mg/dl を目指したため、低血糖症状があった人は両群とも80%以上と高い。
15%の参加者がスタディを完遂できず。

・degludec は、夕食時に注射するプロトコールに対して、glargine では、インスリン注射のタイミングは決まっていない。(once daily at anytime but at same time everyday throughout the study)   

・オープンラベルのトライアルである。
などの点もcomment 2)で指摘されています。
 
インスリンdegludec
すでに発売されているインスリンデテミルは、ヒトインスリンのB鎖30位のトレオニン残基が欠損し、B29位のリジン残基がミリスチン酸(直鎖脂肪酸)によってアシル化された構造。

degludecは、デテミルとほぼ似た構造で、リジン残基にグルタミン基のリンクをつけ、直鎖脂肪酸をつないでいる。

皮下注射で、soluble multihexamerの depot となる。
terminal half-life は25時間でインスリングラルギンの2倍、duration of action は40時間
 
"Degludec is almost identical to human insulin, but with the last aminoacid deleted from the B-chain and addition of a glutamyl link from LysB29 to a hexadecandioic fatty acid. This feature extends the premise used previously in development of the longacting fatty acid-linked insulin detemir. The extra duration of action of degludec (terminal half-life >25 h and activity >40 h) derives from the formation of multihexamer chains of insulin in subcutaneous depots."2)
 
degludec は最初の12時間と、次の12時間で均等に効果を示すが、glargineは最初の12時間に60%の効果を示す。1)

"These results could be explained partly by differences in the pharmacokinetic profiles of the two insulins: insulin degludec has a longer half-life and exposure to this insulin is evenly distributed (about 50:50) in the first and second 12 h periods after once-daily dosing, whereas roughly 60% of exposure to insulin glargine occurs in the first 12 h after once-daily dosing."1)

1. Insulin degludec, an ultra-longacting basal insulin, versus insulin glargine in basal-bolus treatment with mealtime insulin aspart in type 1 diabetes (BEGIN Basal-Bolus Type 1): a phase 3, randomised, open-label, treat-to-target non-inferiority trial
The Lancet, Volume 379, Issue 9825, Pages 1489 - 1497, 21 April 201
http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736%2812%2960204-9/abstract
 
2. Insulin degludec: a new ultra-longacting insulin
The Lancet, Volume 379, Issue 9825, Pages 1465 - 1467, 21 April 2012

関連記事

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム