軽量型CGMの発売、新型のインスリンポンプ、プログラム付インスリンポンプに対する診療報酬改定

糖尿病学会に行ってきてのまとめです。
①軽量、小型の持続血糖モニターが発売となった。
iPro®2 Professional CGM
http://professional.medtronicdiabetes.com/hcp-products/ipro2
 
②新型のインスリンポンプ Paradigm Vero 
CGM と連動し、低血糖時にポンプ2時間停止機能がある。
すでに低血糖となっているときに、必要以上のインスリン注入が行われない。日本での発売はまだ。
http://www.medtronic-diabetes.co.uk/product-information/paradigm-veo/index.html
 
③4月の診療報酬の改定で、プログラム付インスリンポンプについて、在宅自己管理料と間歇注入シリンジポンプ加算の点数が引き上げられました。
プログラム付インスリンポンプは、在宅自己注射指導管理料の複雑な場合に相当し1230点、間歇注入シリンジポンプ加算 2500点となった。
これまで820点+シリンジポンプ加算1500点であった。したがって管理料で410点、ポンプ加算で1000点、合計1410点の加算増となった。
 
2012年4月の診療報酬の改定
在宅自己注射指導管理料】
     820 点 【在宅自己注射指導管理料】
     1  複雑な場合 1,230点(新)
     2  1以外の場合 820点
 
【間歇注入シリンジポンプ加算】
     インスリンポンプ1500点
     ブログラム付きポンプ2500点
http://www.dm-net.co.jp/calendar/2012/017304.php
 

関連記事

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
11位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム