チアゾリジン系薬剤と糖尿病性黄斑浮腫

103368人のretrospective cohort study、期間は10年( January 1, 2000, through November 30, 2009.)

チアゾリジン系薬剤使用で、糖尿病性黄斑浮腫のオッズ比は、1年後、10年後ともに2.3倍。

インスリンとチアゾリジン系薬剤の併用でハザード比3.0と高くなる。
アスピリン、ACE阻害薬との併用で、それぞれハザード比0.6、0.4と黄斑浮腫のリスクを下げる。

チアゾリジン系薬剤は網膜でVGEFの発現を上昇させ、内皮細胞の透過性を上げるという報告がある。2)3)

感想
アスピリン、ACE阻害薬は黄斑浮腫に良い効果がある。
インスリンとチアゾリジン系の併用は体の浮腫を起こしやすいのは以前から言われていたと思います。引用されていたのは4)


2.Troglitazone treatment increases plasma vascular endothelial growth factor in diabetic patients and its mRNA in 3T3-L1 adipocytes.  Diabetes. 2001;50(5):1166-1170
 


5.バセドウ眼症とチアゾリジン誘導体
チアゾリジン誘導体は、脂肪細胞の分化と増殖を促進し、バセドウ眼症による眼球突出を悪化させるという報告もある



関連記事

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
12位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム