糖尿病大規模研究(ACCORD, ADVANCE, VADT)

ACCORD study

Effect of intensive glucose lowering in type2 diabetes The ACCORD study group
N Engl J Med 2008;358:2545-59

10251
例、HbA1C 8.1%の患者を強化療法群と標準治療群に割当てた。

1年後のHbA1Cは、6.4 vs. 7.5%
Primary endpoint
主要な大血管症(非致死性心筋梗塞、非致死性脳卒中、心血管系の原因による死亡)。女性の38%、男性の35%cardiovascular event  の既往があった。

3.5年のフォローアップで、強化療法群では標準療法群に比べ死亡率が増加し、cardiovascular event の有意な減少は認めなかった。

 

ADVANCE

Intensive blood glucose control and vascular outcomes in patients with type2 diabetes
The ADVANCE Collaborative group
. N Engl J Med 2008; 358:2560-72

11140人の2型糖尿病患者を、標準治療とgliclazide と他の治療で、A1C6.5%以下を目指した強化療法に振り分けた。

Primary endpoint ,主要な大血管症(非致死性心筋梗塞、非致死性脳卒中、心血管系の原因による死亡)と主要微小血管障害(腎症、網膜症の新規発症が悪化)とした。

5年のフォローアップで、複合エンドポイント(大血管症+微小血管症)、微小血管症は強化療法群で有意に減少した。腎症の改善による。網膜症、大血管症は、有意差なし

VADT study

Glucose Control and Vascular Complications in Veterans with Type 2 Diabetes

N Engl J Med 360:129, January 8, 2009 The Veterans Affairs Diabetes Trial (VADT)

1791人の退役軍人(平均年齢 60.4歳)

罹病歴 11.5年   40%に心血管イベントあり

標準療法に比べ強化療法でA1C 1.5% 低くすることを目標とした。

5.6年のフォローアップで、A1C 8.4 vs. 6.9%
プライマリーアウトカム 心血管イベント、心筋梗塞、脳卒中、心血管死、心不全、血管手術。

プライマリーアウトカムは標準療法で、264人、強化療法で235人に起こった。プライマリーアウトそれぞれの要素で、有意差はなかった。

有害事象は主に低血糖で、標準療法で17.6%、強化療法で24.1%に起こった。

コントロール不良の2型糖尿病で、強化療法は、主要心血管イベント、死亡、微小血管合併症に有意な効果は認められなかった。


テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
10位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム