糖尿病では炭水化物摂取時にグルカゴンは増加

インクレチン関連薬発売とともにグルカゴンの働きも注目されている。
講演会で知りましたが、糖尿病でグルカゴンが抑制されていないことが示されたのは1970年のことでした。
 
グルカゴン分泌
正常者では、炭水化物摂取で抑制、タンパク質摂取で増加する。
 
1型糖尿病、2型糖尿病では炭水化物摂取時に、グルカゴンは抑制されない。
タンパク質摂取でグルカゴンは増加する。
 
正常者では、グルコース注入によって高血糖を誘導した際には、タンパク質摂取でグルカゴンは増加しない。
 
グルカゴンの過分泌は、肝臓でのブドウ糖産生(hepatic glucose production) や、脂肪組織で遊離脂肪酸を増加させ、糖尿病におけるインスリン欠乏状態を悪化させる。
 
Müller WA, Faloona GR, Aguilar-Parada E, Unger RH. Abnormal Alpha-Cell Function in Diabetes — Response to Carbohydrate and Protein Ingestion N Engl J Med. 1970 Jul 16;283(3):109-15.

http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJM197007162830301
 
関連記事

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
13位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム