DPP-4阻害薬のメタ解析の結果、心血管イベントのハザード比は0.48

American Journal of Cardiology での報告、DPP-4阻害薬のメタ解析の結果、DPP-4阻害薬と他の糖尿病薬あるいはプラセボとの比較で心血管イベントのハザード比0.48で、52%のリスク減少を示したという報告です。
DPP-4阻害薬が、血管新生に働くHMGB1を増加させることも心血管保護作用の理由の一つとしているようです。
まとめ
DPP-4阻害薬で、24週以上のRandomized control tailを集めたメタアナリシス
 
DPPIV阻害薬単独療法と他の糖尿病治療あるいはプラセボの比較、
DPP-4阻害薬 4998人 comparator 3546人、46.4週の治療期間で
 
DPP-4阻害薬のハザード比
心血管イベント 0.48
非致死性心筋梗塞あるいはAcute coronary syndrome 0.40
 
DPP-4 阻害薬は、心血管イベントの点では安全であり、イベントリスクを低下させる可能性があるかもしれない。
 
"In conclusion, this meta-analysis provides evidence that DPP4 inhibitors are safe from a CV standpoint and may possibly decrease risk of adverse CV events."

紹介記事では
「DPP-4阻害薬は、血管新生(angiogenesis) に働くHMGB1を増加させる。糖尿病ではHMBG1が低下しており、血管新生が非糖尿病者に比べ低下していることが示されている。」
として、HMGB1の増加による血管新生を心血管イベント抑制効果の理由としてあげています。
 
“It seems that DPP-IV inhibitors reduce cardiac events solely by lowering postprandial glucose; the same reductions have been shown with alfa-glucosidase inhibitors and quick-release bromocriptine-drugs which, by different mechanisms, only lower postprandial glucose. However, because DPP-IV is a ubiquitous enzyme involved in many other systems, it is possible that a non-metabolic action could explain the reduction in cardiac events. For example, DPP-IV inhibition increases the levels of HMGB1, a protein that increases angiogenesis and is deficient in patients with diabetes. Angiogenesis has been shown to be decreased in people with diabetes when compared with individuals without diabetes,” Bell told Endocrine Today.

感想
有料記事でabstract のみ読むことができます。
DPP-4阻害薬の心血管イベント抑制効果が予想以上に大きかった。
2009年12月に発売となって以来、DPP-4阻害薬は、心血管保護作用がありそういうコンセンサスができつつあると思います。
 
1. Meta-Analysis of Effect of Dipeptidyl Peptidase-4 Inhibitors on Cardiovascular Risk in Type 2 Diabetes Mellitus American Journal of Cardiology Volume 110, Issue 6 , Pages 826-833, 15 September 2012
 
2. DPP-IV inhibitors appear to reduce CV risk in type 2 diabetes (論文の紹介記事です。)
http://www.healio.com/endocrinology/diabetes/news/online/%7B3D16EBA1-1568-4B2D-8E92-B516391831F7%7D/DPP-IV-inhibitors-appear-to-reduce-CV-risk-in-type-2-diabetes-
関連記事

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
10位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム