2型糖尿病で、インスリンでグルデックの治験結果

ヨーロッパ糖尿病学会で示された、インスリンデグルデック(IDeg)、2型糖尿病での結果です。
 
インスリンデグルデックはグラルギンに比べ、36%夜間低血糖を減少させた。
低血糖のエピソード自体は多くないので、1年間、2型糖尿病患者4人治療して、1回の夜間低血糖を防げる計算となる。
 
低血糖に対してhigh risk の患者さんにデグルデックが望ましい。
 
1.Insulin Degludec Edges Glargine on Hypoglycemia Rate (Internal Medicine News の記事)

2. Lancet での報告
Insulin degludec, an ultra-longacting basal insulin, versus insulin glargine in basal-bolus treatment with mealtime insulin aspart in type 2 diabetes (BEGIN Basal-Bolus Type 2): a phase 3, randomised, open-label, treat-to-target non-inferiority trial Lancet 2012; 379: 1498–507

関連記事

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
13位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム