妊娠糖尿病の総説(Lancet 5月23日号)

Gestational diabetes: the need for a common ground

Lancet 2009; 373: 1789–97

感想

アジア人は白人に比べ5-10倍、妊娠糖尿病になりやすいということでした。

妊娠糖尿病は、妊娠というインスリン抵抗性状態に、インスリン分泌がついていかない状態なので、インスリン分泌不全を主体とするアジア人で妊娠糖尿病が多いというのは理解しやすい。

北米での妊娠糖尿病のスタンダードは、100g、3時間のOGTTであり、日本は75gOGTTなので、国際的な基準がどうなるか注目。

なかなか私は受け入れられないが、SU剤の一部とメトフォルミンは妊婦に使えそうという見解が示されていました。

実際の状況は、妊娠中はインスリンのみの使用が一般的。

妊娠糖尿病は、出産後改善したとしても糖尿病発症リスクが高いので、妊娠時の介入が今後のためにも重要。

 

簡約

イギリスで11202人の妊婦の妊娠糖尿病の人種別の罹患率

白人0.4%、アフリカ系1.5%、アジア人3.5-7.3%、インディアン 4.4%、mixed origin woman 1-4%アジア人は白人に比べ5-10倍、妊娠糖尿病になりやすい。

エストロゲン、プロゲステロンはFBSを下げ、脂肪沈着を促進、gastric empty を遅らせ、さらに食欲を増進させる。インスリン感受性が低下し、食後血糖が上がる。

妊娠糖尿病は、インスリン抵抗性に応じて、インスリンが出せない病態。

母の血糖が高いと、胎児のインスリン分泌が増え巨大児になる。

北米での妊娠糖尿病診断のゴールドスタンダードは、50gOGTT、1時間値が130-140 mg/dlを超えたら、false positive を避けるため100gOGTTへ

空腹時95mg/dl、1時間180、2時間155、3時間140以上を妊娠糖尿病の診断基準とする。

WHOは75gOGTT、ワンステップを推奨。

ライフスタイルの介入として、30分/日の運動。ADAは、炭水化物を総カロリーの35-40%へ、BMIが30を超える場合は、実際の体重に対して25 kcal/kg となるよう炭水化物を30-33%へ制限することを推奨。

リスプロとアスパルトは、胎盤移行性は最小限であり食後血糖を改善し、低血糖リスクも少ない。

グリベンクラミドは臍帯血血清に認めない。メトフォルミンも催奇形性なし、early pregnancy lossを防ぐ。

関連記事

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
10位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム