スタチンは、テロメラーゼ 活性を上げ、加齢に伴うテロメア短縮化を抑制する。

スタチン服用者とコントロールで、末梢血単核球のテロメラーゼ活性、テロメア径(leukocyte teromer length, LTL)、加齢に伴うテロメア短縮率を測定した。(230人、年齢30歳から86歳)

スタチン継続服用者では、テロメラーゼ活性が高く、加齢に伴うテロメア短縮化 が抑制されていた。



 

関連記事

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム