フルクトースと高尿酸血症、脂肪肝

フルクトースは、 ショ糖や、コーンシロップ (high-fructose corn syrup (HFCS)) に含まれ、 その過剰摂取は、脂肪肝や高尿酸血症をおこす。
Diabetes10月号では、フルクトースの過剰摂取による尿酸の増加が、さらに脂質合成を促進し脂肪肝となるというレビューを掲載しています。3)
 
まとめ
フルクトース中性脂肪脂肪肝 
フルクトースが代謝される過程で、グリセルアルデヒド3リン酸から、ピルビン酸ができ、脂肪酸が合成される。1, 2)
 
フルクトース尿酸中性脂肪脂肪肝 
フルクトースはketohexokinase (KHK) によりF-1-P に変換される。その際にATP からAMP が合成される。
AMPは、Inosine monophosphate (IMP)となり、xanthine、hypoxanthine をへて尿酸となる。1, 2) 
 
尿酸は細胞外で抗酸化物質 (antioxidant) であるが、細胞内に入るとNADPH oxidase を刺激し、酸化ストレスとなる。
ミトコンドリアの酸化ストレスはKrebs回路の aconitase を抑制し、基質であるcitrate が細胞質に増加する。
citrateは、 ATP citrate lyase (ACL) と fatty acid synthase の基質となり、中性脂肪が生成され、脂肪肝の原因となる。3)
 
インスリンは、血管内皮細胞からNOを遊離させ、血管拡張を誘発し、骨格筋にグルコースが供給されるようにする。
 
尿酸は、L-arginine の uptakeを抑制し、argininaseによるL-arginineの分解を促進し、血管内皮のNO遊離を減弱させる。
高尿酸血症血症ラットは血管内皮機能が低下しており、尿酸値を低下させること、L-arginine、抗酸化剤により内皮機能は改善する。3)
 フルクトースは、エネルギー増加無しに、メタボリックシンドロームを誘発する。3)

げっ歯類の餌では、フルクトースが50%、しかしヒトの食事では10-15%、マウスの結果がそのままヒトにあてはまるわけでない。
ヒトのフルクトース摂取は、ショ糖(ブドウ糖+フルクトース)、high-fructose corn syrup (HFCS)による。
生の果物には、フルクトースの悪影響をブロックする、カリウム、ビタミンC、レスベラトール、フラボノールなどの抗酸化物質が含まれている。3)
 
1. Harpers Illustrated Biochemistry, McGraw-Hill Medical
 
 
3. Johnson RJ, Nakagawa T, Sanchez-Lozada LG, Shafiu M, Sundaram S, Le M, Ishimoto T, Sautin YY, Lanaspa MA. Sugar, Uric Acid, and the Etiology of Diabetes and Obesity Diabetes. 2013 Oct;62(10):3307-15. doi: 10.2337/db12-1814.
 

関連記事

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
12位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム