SGLT2阻害薬のレビュー(Lancet Diabetes Endocrinol)

SGLT1も部分的に阻害した方が尿糖再吸収抑制となることは、Lancet Diabetes Endocrinol のレビューにも書いてありました。
 
まとめ
SGLTs は、もう一方側の細胞膜にある、Na+/K+-ATPase pump により駆動される。
SGLT1 はhigh affinity, low capacity、SGLT2はlow affinity, high capacity
SGLT1はガラクトースも吸収するが SGLT2はグルコースのみ吸収
 
糖尿病でSGLT1の発現は非糖尿病者にくらべ3-4倍で、腸管でのグルコース再吸収容量が増加している。 
SGLT1阻害薬との併用は、腸管のグルコース吸収を遅らせ、食後高血糖を抑制する、
 dual SGLT1/ SGLT2 inhibitor LX4211は、現在開発中。
 
SGLT inhibitors in management of diabetes Lancet Diabetes Endocrinol 2013; 1: 140–51
 
関連記事

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
13位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム