涙で血糖値をモニターするグーグルのプロジェクト

グーグルニュースなどで既報の、コンタクトレンズに埋め込まれたセンサーで血糖値をモニターするというプロジェクトですが、これを発表したブログは糖尿病についてよく書かれていて、グーグルの意気込みが感じられたので訳してみました。
開発者のプレゼンテーションの動画では、コンタクトの LEDが光っている画像が出てきます。
地球上で19人に1人が糖尿病となっている。しかし、多くの人は、糖尿病患者が直面する、血糖値をコントロールするという奮闘をよくわかっていない。血糖値がコントロールされていないと、目、腎臓、心臓といった、長期および短期の合併症のリスクにさらされる。友人は、母親が、一度、低血糖で運転中に意識がなくなり、車を運転できなくなったと心配している。
 
糖尿病をマネージするとは、パートタイムの仕事を持つようなものである。運動、食事、汗をかいただけでも血糖値は変化する。急速な血糖上昇、急勾配の血糖低下は危険であるが、珍しいことではない。
四六時中、血糖値のモニターが必要となっている。皮膚に血糖センサーをさしている人もいるが、多くの糖尿病患者は指に針を刺して血糖値を測定している。それは侵襲的であり痛みを伴う。結果として糖尿病のある人の多くは、必要よりも血糖測定回数が少なくなっている。
 
ここ数年、血糖をより簡易に測定するため、涙などの体液を候補として検討していた。
涙は集めて研究することが難しい。われわれは、エレクトロニクスを小さくすること、つまりチップやセンサーを小さくしてアンテナをヒトの髪の毛くらいにすると、涙のグルコース濃度が正確に測定できるはずと考えた。
 
われわれは、ワイヤレスチップとグルコースセンサーがソフトコンタクトレンズの二層の中に埋め込まれた、スマートコンタクトレンを現在テストしている。また1秒に1回、血糖値を測定できる試作品もテストしている。
 
装着者が、早めに警告を受けられるような方法も検討しており、LEDライトを埋め込んで、血糖値が閾値を超え、高値あるいは低値となった時に点灯させることを試みている。このテクノロージーはまだ創世記であるが、試作品で幾つかの臨床研究を終了しており、その結果は試作品の改良に役立つ。
いつかこの方法は、糖尿病患者が病気をうまくあしらうのに役立つよう望んでいる。
"We hope this could someday lead to a new way for people with diabetes to manage their disease. “
 
FDAと実用化に向け、FDAと協議しているが、まだやるべきことはたくさん残っている。われわれは単独で行おうとは思っていない。この方法を市場に出すエキスパートを探している。パートナーとなるとこのコンタクトレンズと、グルコースの値を装着者と医師に送るアプリを使うことができる。
 
われわれは、ちょっと投機的 (speculative)で、奇妙なプロジェクトを探していると言い続けてきた。しかし、世界糖尿病連合 (IDF) が、”世界が糖尿病とのバトルに敗れつつあると宣言している”今の時代に、グーグルはプロジェクトがそれに対する反撃となることを望んでいる。
We’ve always said that we’d seek out projects that seem a bit speculative or strange, and at a time when the International Diabetes Federation  (IDF) is declaring that the world is “losing the battle” against diabetes, we thought this project was worth a shot.  

原文
Posted by Brian Otis and Babak Parviz, project co-founders




グルコース濃度
涙   1.8-10.8 mg/dl (0.1-0.60 mM)
血液  72-108 mg/dl (4-6 mM)

涙のグルコース濃度は測定できている図が出てきます。ここから同時の血糖値を正確に推測できるかどうかですね。
最後にLEDの点灯動画があり、かっこいい。 


関連記事

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
16位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム