涙で血糖値をモニターする。 ABC NEWS と Joslin Diabetes Blog の解説記事

血糖値をモニターするコンタクトレンズの解説記事です。このコンタクトの注意点 (limitation) として、血糖の変化は、5分から15分遅れて体液のグルコース濃度に反映されること、キャリブレーションは必須であることがあげられている。
 
まとめ
血糖値と涙のグルコース濃度とは統計的に有意な相関が認められている。1)
 
このコンタクトレンズの注意点
①血糖値と涙のグルコース濃度のタイムラグ
持続血糖モニター(CGM) の結果から、体液のグルコース濃度は、血糖より5から15分遅れる。すなわち、CGMは、血糖のspikeやdropを約15分遅れて見ている。涙のグルコース濃度も、同様に血糖値に対してタイムラグがある。個々の人のタイムラグを反映した微細なアルゴリズムがないので、頻回の血統測定を行って、キャリブレーションを行うことが必要。
 
②1型糖尿病では、夜間に低血糖がおこる。就寝中、コンタクトレンズは使用できず、持続血糖モニターが望ましい。2)
 
1. Google Contact Lens To Monitor Diabetes Holds Promise, Say Doctors (ABC NEWS) 

2. Google X Announces Glucose Monitoring Contact Lens (Joslin Diabetes Blog)


関連記事

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
11位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム