2型糖尿病患者の培養近位尿細管細胞では、糖取り込みが亢進している。

SGLT2阻害薬の講演会にいってきました。いくつかのレビューによると、2型糖尿病で、腸管、尿細管でグルコースの再吸収が亢進していることが示されています。
講演会で提示されたのは以下の論文。
 
免疫的手法 (immunomagnetic cell sorting technique) により抽出した、2型糖尿病患者の近位尿細管細胞で、SGLT2とGLUT2の発現が増加し、糖取り込みが亢進している。
近位尿細管の糖取り込みは、インスリン非依存性、高血糖依存性である。
 
Rahmoune H1, Thompson PW, Ward JM, Smith CD, Hong G, Brown J. Diabetes. 2005 Dec;54(12):3427-34. Glucose Transporters in Human Renal Proximal Tubular Cells Isolated From the Urine of Patients With Non–Insulin-Dependent Diabetes



関連記事

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム