メトフォルミンは脂質を減らし、インスリン感受性を回復させる

Acetyl-CoA carboxylase (ACC) 1はAcetyl-CoAからMalonyl-CoA を生成する。
Malonyl-CoAは、脂肪酸合成のprecursor である。 
 
ACC2はミトコンドリアに存在し、脂肪酸のミトコンドリアへ輸送を阻害する。
ミトコンドリアでは脂肪酸のβ酸化がおこる。
 
AMPK はマウスで、ACC1 Ser79 、ACC2 Ser212をリン酸化し、ACCを抑制する。
その結果、Malonyl-CoA からの脂肪合成 が抑制され、ミトコンドリアでのβ酸化が亢進する。
 
脂肪の蓄積がPKC-εを介してインスリン受容体のシグナリングを抑制する。
メトフォルミンはAMPKを介して、脂肪蓄積を抑制している。
脂肪蓄積が抑制されると、PKC-εよるインスリン受容体シグナリング抑制が解除され、Akt の発現が亢進し、FOXO-1 を介した糖新生 (gluconeogenesis) が抑制される。 
 
1. Shaw RJ. Nat Med. 2013 Dec 5; 19(12): 1570-2. Metformin trims fats to restore insulin sensitivity  

2. Fullerton MD, Galic S, Marcinko K, Sikkema S, Pulinilkunnil T, Chen ZP, O'Neill HM, Ford RJ, Palanivel R, O'Brien M, Hardie DG, Macaulay SL, Schertzer JD, Dyck JR, van Denderen BJ, Kemp BE, Steinberg GR. Nat Med. 2013 Dec;19(12):1649-54. Single phosphorylation sites in Acc1 and Acc2 regulate lipid homeostasis and the insulin-sensitizing effects of metformin



テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム