50歳から65歳までの高タンパク食は寿命が短い。65歳以上は高タンパク食がよい。

高タンパク質食が寿命を短くするという2報、高タンパク質食が
高タンパク食は寿命を短くするという2報、高タンパク食が、
① GHを介してIGF−1シグナルを活性化すること、
② 肝臓でのmTORを活性化するために寿命が短くなる。
 
食事と寿命
ヒトの食事解析1)
50歳以上のアメリカ人6381人、1日の食事を記録し、その後の寿命をみたもの。
平均的には、1823kcal、炭水化物51%、脂肪31%、タンパク質16%(アミノ酸11%)
 
高タンパク食 20%~、中等度タンパク食 10~19%、低タンパク食 10%未満で比較
50歳から65歳の高タンパク摂取では、死亡率が75%増加する。以後の18年でがんの死亡率が4倍高い。
50-65歳で、血中IGF-1値は、タンパク質摂取量と相関した。
IGF-1は、タンパク質摂取と寿命との関係にmodulatorとしてはたらいている。
 
動物性タンパク質摂取が、タンパク質摂取と全死亡率、がん死亡率と関連している。最近、赤身の肉の消費量と全死亡率、ガン関連死亡率との関連が報告されており、その結果を支持するものである。
 
65歳を超えると、逆に高タンパク食は、全死亡率、がん死亡率を減少させる。
IGF-1は高齢者にとっては重要なもの。
糖尿病では全年齢を通じて死亡率が5倍高い。
 
マウスの結果2)
マウス858匹で摂餌の組成、エネルギー量と寿命の関係を解析した。
タンパク質と炭水化物が低下すると、代償的に食事摂取が増える。
脂肪摂取が減少した際には代償的な食事増加の傾向は少ない。
タンパク質を炭水化物に置き換えて、代償的な食事摂取を制限したときに、寿命は適正化される。
 
分枝鎖アミノ酸 (BCCA) とインスリンは、mTOR活性化する。
血中BCCA/ 血糖値 比が低いとmTOR活性が低く、血中BCCA/血糖値 比が高いとmTOR活性が高い
 
寿命を延ばすのはカロリー制限でなはなく、タンパク摂取制限によるの
高タンパク食で、カロリー制限することは寿命には全く効果がない。
 
感想
サイエンス誌の解説では、「すべてのヒトに低タンパク食を推奨しているわけでない、例えば低糖質、高タンパク食で、代謝の指標が改善した報告もある」としている。3)
エネルギーの20%を超える極端な高タンパク食を長期に続けるのはよくないというデビデンスで
 
1. Low Protein Intake Is Associated with a Major Reduction in IGF-1, Cancer, and Overall Mortality in the 65 and Younger but Not Older Population

2. The Ratio of Macronutrients, Not Caloric Intake, Dictates Cardiometabolic Health, Aging, and Longevity in Ad Libitum-Fed Mice
http://www.cell.com/cell-metabolism/abstract/S1550-4131%2814%2900065-5
 
3. Diet Studies Challenge Thinking on Proteins Versus Carbs ScienceNow

 



関連記事

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
75位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
10位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム