週1回製剤 Albiglutide とリラグルチド1日1回注射の比較試験 (HARMONY 7)

Albiglutide 週1回と リラグルチド 1日1回の比較、32週間では、A1C低下 -0.78% vs. -0.99% で、リラグルチドで血糖値がより改善する。Albiglutideは局所反応が多いが、消化器症状が少ない。
 
Albiglutide は、8番目のアラニンをグリシンに置換し、DPP4に耐性とした GLP-1 dimmer  に、ヒトアルブミンをフュージョンさせた製剤、半減期は ~5日となり、週1回注射を可能とした。
 
週1回製剤が、GLP-1受容体を飽和させるにもかかわらずA1C低下率が低いのは、反直感的 (counterintuitive)であるが、治験で行った投与量調整におけるsystematic error のためかもしれない。2)
 
Albiglutide で、消化器症状が少ない理由
血中濃度の山と谷(peak and valleys) がないため1, 2)
Albiglutide はlarge protein で、blood-brain barrier を通過しないため。1)
 
Duration 6でも、エクゼナチド週1回製剤は、リラグルチド1日1回に比較し、非劣勢は示せなかったが、消化器症状は少ない。
 
1. Once-weekly albiglutide versus once-daily liraglutide in patients with type 2 diabetes inadequately controlled on oral drugs (HARMONY 7): a randomised, open-label, multicentre, non-inferiority phase 3 study. Lancet Diabetes Endocrinol. 2014 Apr;2(4):289-97.

2. GLP-1 receptor agonists: why is once weekly inferior to once daily? Alan J Garber 

3. Potential of albiglutide, a long-acting GLP-1 receptor agonist, in type 2 diabetes: a randomized controlled trial exploring weekly, biweekly, and monthly dosing. Rosenstock J1, Reusch J, Bush M, Yang F, Stewart M; Albiglutide Study Group.Diabetes Care. 2009 Oct;32(10):1880-6.

4. Exenatide once weekly versus liraglutide once daily in patients with type 2 diabetes (DURATION-6): a randomised, open-label study Lancet. 2013 Jan 12;381(9861):117-24



関連記事

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
11位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム