GLP-1の血糖降下作用では、神経に発現するGLP-1受容体の役割が大きい。

膵β細胞特異的にGLP−1を欠損させたマウスでは、耐糖能は正常。腸管、門脈の神経に発現するGLP-1受容体を介する作用が重要となっている。
 
まとめ
β細胞特異的にGLP-1受容体を欠損させたマウスで、経口糖負荷試験での耐糖能は正常
GLP-1の静注、腹腔内注入によりインスリン分泌は促進されない。
DPP4阻害薬の血糖降下作用はコントロールと変わらず。
 
門脈の神経、内臓神経 (splanchnic bed) のGLP-1受容体を介した血糖効果作用の重要性を示している。1)
 
門脈にGLP-1受容体拮抗薬を投与後、経口糖負荷試験(intragastric glucose road) をおこなうと耐糖能が低下する。2)
低容量のシタグリプチンが、迷走神経を活性化し耐糖能を改善する。3)
 
1. Smith EP, An Z, Wagner C, Lewis AG, Cohen EB, Li B, Mahbod P, Sandoval D, Perez-Tilve D, Tamarina N, Philipson LH, Stoffers DA, Seeley RJ, D'Alessio DA. Cell Metab. 2014 Jun 3;19(6):1050-7. The Role of β Cell Glucagon-like Peptide-1 Signaling in Glucose Regulation and Response to Diabetes Drugs.

 2. Vahl TP, Tauchi M, Durler TS, Elfers EE, Fernandes TM, Bitner RD, Ellis KS, Woods SC, Seeley RJ, Herman JP, D'Alessio DA. Endocrinology. 2007 Oct;148(10):4965-73. Glucagon-like peptide-1 (GLP-1) receptors expressed on nerve terminals in the portal vein mediate the effects of endogenous GLP-1 on glucose tolerance in rats.

3. Waget A, Cabou C, Masseboeuf M, Cattan P, Armanet M, Karaca M, Castel J, Garret C, Payros G, Maida A, Sulpice T, Holst JJ, Drucker DJ, Magnan C, Burcelin R. Endocrinology. 2011 Aug;152(8):3018-29. Physiological and pharmacological mechanisms through which the DPP-4 inhibitor sitagliptin regulates glycemia in mice.

 

関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
12位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム