食品交換表に基づく栄養指導とカーボカウンティングレベル1−2はオーバラップしている。

カーボカウンティング導入にはレベル1から3がある
レベル1(basic) カーボカウンティングの概念の理解、
レベル2(intermediate)  食事、治療薬、身体活動量と血糖値の関係を理解する。
レベル3 (advanced) 、食前の超速攻型インリン量を炭水化物量に合わせる 1型糖尿病のためにデザインされた方法 1)
 
日本でカーボカウンティングというと3のadvanced level、1型糖尿病で食事の炭水化物量と食前のインスリン値をあわせるための方法と認識されているが、レベル1、レベル2もカーボカウンティングである。
 
アメリカ糖尿病学会の Nutrition therapy recommendation で、カーボカウンティングは、meal planning の方法の一つとして記載されている。
 
炭水化物量を、カーボカウンティングあるいは経験的な概算でモニターしていくことが、血糖コントロールに重要である。レベルB。"
Monitoring carbohydrate intake, whether by carbohydrate counting or experience-based estimation, remains a key strategy in achieving glycemic control. B . 2)
 
食品交換表を用いた食事指導では、1食の炭水化物の目安、たとえばごはん100g、150gなどを示し、バランスのとれた食事、運動療法の指導も含んでいるので、カーボカウンティングのレベル1から2に相当している。
 
レベル3のadvanced carbohydrate counting では、カーボインスリン比(インスリンカーボ比)、インスリン効果値の設定が必要となる。それぞれを計算するため、500ルール、1700ルールなどがあるが、簡便に、
炭水化物10gに対して超速攻型インスリン1単位、
補正インスリン量を決める際には、インスリン1単位で血糖値が50下がるとしてスタートする。
 
1. Gillespie SJ, Kulkarni KD, Daly AE.J Am Diet Assoc. 1998 Aug;98(8):897-905. Using carbohydrate counting in diabetes clinical practice.

2. Evert AB1, Boucher JL, Cypress M, Dunbar SA, Franz MJ, Mayer-Davis EJ, Neumiller JJ, Nwankwo R, Verdi CL, Urbanski P, Yancy WS Jr. Diabetes Care. 2014 Jan;37 Suppl 1:S120-43. Nutrition therapy recommendations for the management of adults with diabetes.
 


関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
11位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム