グルカゴン測定キットの問題点、高グルカゴン血症となる病態

グルカゴン測定キットの問題点
グリセンチン glicentin とオキシントモデュリン oxintmodulin はプログルカゴンから産生されるため、グルカゴンと共通の配列をもつ。
グリセンチン 、オキシントモデュリンとの cross reactivity を避けるため、インタクトグルカゴンは、N端とC端のsandwich assay による定量が信頼される。
 
高グルカゴン血症となる病態
1. 2型糖尿病
2. 肥満
3. 末期腎臓病 (end-stage renal disease) 
4. Roux-en-Y gastric bypass (RYGB)
5. 迷走神経切除を伴う胃切除 (pyroplasty)
 
膵切除後、腸管L細胞で、pancreatic glucagonが産生される可能性がある。
迷走神経切除をともなうpyroplastyでも同様
 
ESRDがある場合、グルカゴン値は、 C端を認識する高感度RIA測定で、sandwich assay に比べ高値をしめす。
ESRDではプログルカゴンを含むN-terminal elongated glucagonが増加している 
 
1. Wewer Albrechtsen NJ, Hartmann B, Veedfald S, Windeløv JA, Plamboeck A, Bojsen-Møller KN, Idorn T, Feldt-Rasmussen B, Knop FK, Vilsbøll T, Madsbad S, Deacon CF, Holst JJ. Diabetologia. 2014 Jun 3. [Epub ahead of print] Hyperglucagonaemia analysed by glucagon sandwich ELISA: nonspecific interference or truly elevated levels?


関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム