ヒトES細胞から6週間でインスリン分泌細胞を分化させる方法。

ヒトES細胞から7段階、約6週間でインスリン分泌細胞を分化させる方法。カナダのグループからの報告。従来の分化方法では4ヶ月かかっていた。
 
分化した細胞(S7 insulin-secreting cells) は、グルコース応答性にインスリンを分泌し、糖尿病マウスの血糖値を40日以内に改善させた。
 
1. Faster way to create insulin-producing cells for diabetics (The Economic Times)

2. Rezania A, Bruin JE, Arora P, Rubin A, ,Batushansky I, Asadi A, O'Dwyer S, Quiskamp N, Mojibian M, Albrecht T, Yang YH, Johnson JD, Kieffer TJ. Nat Biotechnol. 2014 Sep 11. Reversal of diabetes with insulin-producing cells derived in vitro from human pluripotent stem cells. 

 

関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
13位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム